グルコサミンの原料流通量、前年並みの1300トン台(健康産業新聞)

出典元:健康産業新聞

グルコサミン原料の国内流通量が前年並みの1300トン台となったことが、健康産業新聞の取材でわかった。市場は成長路線から成熟期へと移行している。

 主要原料サプライヤーの取材をもとに算出したグルコサミン原料の国内流通量は1300~1350トンと推計される。エビカニ由来品のキロ当たりの原料相場は、中国産が1500円~2000円ほど。国内精製品で2000~2500円、国産品は3500~4000円ほどとなっている。

 消費者に浸透する一方で製品の淘汰が始まるなか、機能性表示食品制度を活用する動きが拡大。N-アセチルグルコサミンを含めたグルコサミンの機能性表示食品は30品を超えた。剤型はサプリメントが多いが、飲料などの受理実績もある。

 早くから機能性表示食品制度に対応、自社商品も受理されている甲陽ケミカルでは、「既存品のリニューアルのほか、新規では明らか食品での相談が増えている」としている。

 N-アセチルグルコサミンの提案を強化する焼津水産化学工業では、「複数社が当社原料を活用した届出を進めている」という。プロテインケミカルでは関節と肌という“ダブル機能性表示”に対応、「リニューアル時の切り替えや、新規顧客獲得につなげていきたい」と話している。

こういうときはひとまず、
本当に実践した体験者の
口コミを参考にしたいですよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

【賛否両論】意見がいろいろあるのも分かるけど

ちゃんと判断したいので
ネタバレやレビューを読んでると・・・

効果はもちろんだけど、
行き詰った時などメールサポート等は、
すぐに返事があってイイみたい。

サポートが【親切】って
購入者の多くが言ってるみたいだね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です