機能性表示食品、「加工食品」の発売ラッシュ(健康産業新聞)

出典元:健康産業新聞

サプリメントを除く“加工食品”の機能性表示食品が発売ラッシュとなっている。例年、新商品の発売が相次ぐ3月、今年は健康食品や特保のほか、15社ほどが機能性表示食品を上市。うち12社が一般加工食品の機能性表示食品を発売した。牛丼の具、カップ麺など生活に身近な食品に機能性表示が行われるようになっている。

 4月11日時点での機能性表示食品の受理総数は834品。うち56%が清涼飲料水や菓子などの一般加工食品となっている。トマトジュースやヨーグルト、清涼飲料水などで成功事例も出始めた。新規参入も相次いでおり、“日本初”をうたう商品も。今年3月はバラエティ豊かな加工食品の機能性表示食品が多数発売された。

 吉野家は3月6日、外食チェーン初の機能性表示食品「サラシア入り牛丼の具」を発売。サラシアを配合した血糖値対応として通販で展開する。同社では店舗で提供する食品でも、豚汁に森永乳業のシールド乳酸菌を配合してリニューアルするなど、健康価値のあるメニューを提案している。機能性表示食品の投入で「一歩踏み込んだ形で健康価値を提供する」と話す。

 エースコックは3月20日、カップめん初の機能性表示食品「かるしお認定 だしの旨みで減塩」シリーズ3品をリニューアル発売した。GABAを配合した血圧対応。同社ではスープ春雨などヘルシー・低カロリーの商品開発を行ってきた経緯があり、「健活コーナー」の提案も精力的に推進。「40~50代の、カップめんを食べたいけど血圧が気になるといった方に新たな価値を提案する」としている。機能性表示食品としてのリニューアルにより、前年対比で150%の販売を目指すという。

 アサヒグループ食品は3月1日、味噌汁初の機能性表示食品「やさしいおみそ汁」5種類を発売。ラクトトリペプチドを配合、血圧対応の表示を行っている。容量にも配慮。同社によると、こうしたフリーズドライ味噌汁は160mLが一般的だが、機能性関与成分を規定量摂取するために飲みきりサイズの120mLで設計した。160mLの場合、塩分を気にする人が飲み残す可能性があるからという。かつパッケージには「食塩相当量1.0g未満」と表示。発売から1ヵ月ほどだが、「販売計画を2割強上回っている」と手ごたえを感じている。

 ダイドードリンコは3月17日、ファンケルヘルスサイエンスと共同開発した「大人のカロリミット はとむぎブレンド茶」の販売本数が発売から約4ヵ月で1,000万本を突破したと発表。3月27日からは自動販売機でのテスト販売を開始した。入れ替わりの激しい飲料市場で、「長期間にわたって育成していく」と話している。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です