ジャニヲタが悲鳴!「チケット転売取り締まり」で切ない事態に…(女子SPA!)

出典元:(女子SPA!)

<ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ>

 明日、5月3日(水)から、Sexy Zoneのツアーファイナルとなる“Sexy Zone presents Sexy Tour 2017~STAGE”横浜公演が始まります。ものすごく楽しみです。

 でも、なかには浮かない顔をしている人もちらほら。なぜなのか?

 それは、「チケットをお嫁に出せない問題」で悩んでいるから!

◆チケット転売問題の解決のためには…

 ここ最近、加熱するチケットの高額転売問題を受けて、オリエンタルラジオの中田敦彦さん、サカナクションの山口一郎さんら、アーティストのみなさんが率先して不正売買の撲滅に動き出しています。すばらしいことだと思います。

 ただ、この問題は“善意の譲渡”や“相互扶助としての交換”の道筋をつけないことには、根本的な解決にならないのが実情です。

 くだんのSexy Zoneコンサートでは、「転売されていることが判明したチケット」について、無効とする通知が送られています。

 はなから高額で売りさばくことを目的としたものはやむなしですが、気の毒なのは「善意で定価で譲ったのに、それを再転売されていた」といったケースです。

「販売金額が定価を下回った場合でも」「転売行為が当選者本人によるものではなくても」ペナルティーの対象になるとのことですから、泣きっつらにハチ100匹くらいな感じです。

◆急にどうにもならなくなることもある

 行けなくなったとしても、自己責任。それはそうなのでしょうけど、病気や仕事、家族の都合、冠婚葬祭など、急にどうにもならなくなってしまうことは、いくらもあります。

 決して安くはないチケット代(Sexy Zoneの場合は6800円)だって、ポイ! とあきらめることは、できなかろうと思うのです。

「この日はダメになったけど、翌日なら行けるから交換したい。大好きな彼に声援を送りたい」「どうしても行けないから、値下げしても誰かに見てほしい。自担(応援しているメンバー)のためにも空席を作りたくない」

 そんな、切なる気持ちでチケットをやりくりするファンもたくさんいます。

◆「行けなくなっても、公式に譲れる場がある」ならば

 ジャニーズの公演では、設営の都合でできた余剰席や関係者席などを「制作開放席」「特別登録(席)」などとして再販売することがありますが、あくまでも運営主体のものであり、ファンがイニシアチブをとれるサービスはありません。

 一方、他アーティストの公演では、ファンが行けなくなったチケットを再販売できるリセールシステムの導入が目立つようになりました。

 電子チケットを採り入れたり、転売者を厳しく責めるのもいいですが、それ以上の優しさで、やむをえない理由で行けなくなったファンを救ってほしいと思います。

「行けなくなっても、公式に譲れる場がある」なら、CDでもDVDでもグッズでも、安心してもっともっとぶっ込めますから!

「ファン ファースト」をポリシーに掲げる中島健人さん(Sexy Zone)のように、ジャニならきっとやってくれると信じています……!

いま、話題になっている・・・
ロト6で2億当選中のソフト「Grace」モニター募集中!をご存知ですか?

その効果についてもですが、
長谷川 潤さんの評判も色々と書かれてますね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

気になる内容が『あの掲示板』でかなり流出してるみたいです。

ネタバレと口コミを読んでみると・・・
ある程度、購入前に中身がわかるっていいかも。(^^)v

文句とか批判ばかり言ってても仕方ないですよね。

ちょっと頑張ってチャレンジしてみようかしら?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です