農研機構、機能性農産物で研究成果集(健康産業新聞)

出典元:健康産業新聞

農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)は、20億円の補正予算に基づき13~15年度に実施された「機能性をもつ農林水産物・食品開発プロジェクト」の研究成果集を公表した。カンキツなどで機能性表示を目指す計画も盛り込まれている。

 機能成分「β-コングリシニン」を高含有する大豆に関する研究では、長期介入試験により、血中中性脂肪の有意な低下を確認した。「食生活を通じて大豆が国民の健康維持増進に寄与できることを示した成果」とし、機能性表示を通じて大豆食品の消費拡大が期待できるとしている。

 β-クリプトキサンチンの研究では、糖尿病など生活習慣病の予防改善に有効であることが示された。β-クリプトキサンチンを含むミカンと果汁飲料がすでに機能性表示食品として受理されていることにも触れ、「今後も他の産地からの届出支援を行うとともに、β-クリプトキサンチンを高含有するミカン以外のカンキツ品種についても機能性表示食品としての展開を図る」としている。

 研究の一部は継続して行われており、自治体などと共同で、機能性表示農林水産物の開発を目指した研究が進行中だ。

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です