未分類

厚労省「ブラック企業リスト」に載った企業の傾向は?(ITmedia ビジネスオンライン)

出典元:ITmedia ビジネスオンライン

厚生労働省が、労働基準関係法に違反し、1年以内に書類送検された国内企業のリストをホームページ上で公開。電通、パナソニック、日本郵便など大手企業も含まれる「ブラック企業リスト」として関心が集まった。

【画像:産業別の分類】

 では、リストに掲載された332社には、どのような傾向があるのだろうか――東京商工リサーチが調査結果を発表した。

●中小企業が7割 既に倒産・解散した企業は18社

 掲載された企業のうち、売上高が判明したのは224社。売上高は「1~5億円未満」が最も多く、31.5%(77社)。「1億円未満」は23.7%(58社)、「5~10億円未満」は11.8%(29社)で、中小・中堅企業が全体の約7割を占めた。

 また、掲載企業のうち16社が倒産、2社が解散していた。東京商工リサーチは「業績悪化や資金力の乏しさが法令違反につながった可能性もある」と指摘している。

 一方、売上高100億円以上の大企業は21社。最も規模が大きな企業はパナソニックで、2017年3月期の売上高は約7兆3400億円だった。

●建設、製造、サービス業が8割を占める

 掲載企業を産業別にみると、最多だったのは建設業で、34.6%(115社)。製造業が22.8%(76社)、サービス業などが20.48%(68社)と続き、上位3産業が全体の約8割を占めた。

 一方、金融・保険業は1社(0.30%)、不動産業は2社(0.60%)と少数だった。

●違反した法令は? レアケース「じん肺法」も

 違反した法令の内訳は、労働安全衛生法が211件(59.1%)でトップ。建設・製造事業者が、現場での安全管理義務を怠ったことで事故が発生したケースが多かった。

 2番目に多かったのは、違法な長時間労働など労働基準法で、63件(17.6%)。時間外労働が常態化していた電通も、この法令違反に該当する。

 違反例が少数だった法律は、「じん肺法」(1件)など。常に粉じん作業に従事していた労働者に、じん肺健康診断を受診させなかった土木系企業が、同法に違反していた。

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。

関連記事

  1. 生活経営研究会 秋田和裕のファーストリテイリング「ユニクロ」の考…
  2. 「ブラック企業リスト」厚労省が公開 電通など332社(ITmed…
  3. 再配達削減へて向けオープン型宅配ロッカー「PUDO」の設置加速、…
  4. マイライフ出版株式会社の富の書は効果なし?内容暴露
  5. 女性をひきつける7つのオーラ<出水聡-サトシ->の評判は嘘!? …
  6. ジャパネット・高田明氏、“買い物に興味がない私”が会得した「売る…
  7. 日本の家計が危ない? 夫婦のおこづかい額、過去最低(ITmedi…
  8. 無名の個人が1000円eBookで儲ける方法 製作編の評判は嘘!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。