未分類

日本の家計が危ない? 夫婦のおこづかい額、過去最低(ITmedia ビジネスオンライン)

出典元:ITmedia ビジネスオンライン

夫婦が自由に使える「おこづかい」の月平均額が、2007年の調査開始以来最低を記録した――明治安田生命の家計に関する調査でこうした結果が出た。調査によると、17年のおこづかいの月平均は前年比4421円減の2万5082円。夫婦別では、男性が3186円減の3万1764円、女性が5632円減の1万8424円だった。

【表:世帯の貯蓄額(世代別)】

 同社は「人口減少などにより先行きの成長期待が持ちにくいことから、多くの企業が賃上げに慎重になっていることや、求人が非正規社員に偏っていることが影響した可能性がある」とみる。

 貯蓄額の平均は、1274万円という結果に。内訳は、「0円」が18.8%で最多。以下、「100万円~300万円未満」(15.9%)、「500万円~1000万円未満」(15.6%)――と続いた。

 世代別の平均貯蓄額は、20代の男性が約537万円、女性が約471万円だった一方、70代の男性が約2181万円、女性が2707万円。中高年層の貯蓄額が高額だったことが、平均値を押し上げた。

 貯蓄の目的を世代別にみると、20~40代は「子どもの教育資金のため」が高く、60~70代は「将来のため」が高い傾向がみられた。「“子育て世代”は教育資金の準備を重視している。60代以降は、年金制度など社会保障制度への不安を反映している」という。

 家計の状況については、「昨年よりも余裕ができた」と答えた人は8.0%にとどまった一方、「余裕がなくなった」は23.3%に上った。家計が苦しくなった理由は、「日用品、食料品の支出が増えたため」などが多かった。

 同社は、「ガソリン・灯油価格の上昇、トランプ政権誕生後の円安、冬場の野菜価格の高騰などが要因」と分析している。

関連記事

  1. 就活、続く「売り手市場」 面接解禁日前の内定、増加(朝日新聞デジ…
  2. プレゼン話し方研究所株式会社のアポ帳をいっぱいにする電話応対 2…
  3. インスタグラム利用者の約1割が「投稿された商品を購入」(ネットシ…
  4. 八木 雄一の全世界トレードビジネススクールは効果あり?口コミがヤ…
  5. ネットストーカー恐怖の実態、1月の法改正で逮捕者続出!(ダイヤモ…
  6. 金持ち大家さんと貧乏大家さんの大きな違いとは何でしょうか?大家さ…
  7. メルマガ黙示録 日本初!!メルマガ到達率を大幅アップさせるノウハ…
  8. (社説)テニス八百長―手を尽くし信頼回復を(朝日新聞デジタル)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。