【再販権+超豪華有料情報付】コピー&貼り付けが出来ればOK!ATM Maker Proを設定するだけで即日自動で預入れ完了!8ヶ月後にはムッフッフ!?のひょうばんはうそ!? 2ちゃんのクチコミ

【再販権+超豪華有料情報付】コピー&貼り付けが出来ればOK!ATM Maker Proを設定するだけで即日自動で預入れ完了!8ヶ月後にはムッフッフ!?が
いろいろな噂や評判が出ていて大騒ぎなんだけど
気になるね

私は、【再販権+超豪華有料情報付】コピー&貼り付けが出来ればOK!ATM Maker Proを設定するだけで即日自動で預入れ完了!8ヶ月後にはムッフッフ!?に
すごく興味があって購入するか迷ってます。

本当に効果あるのかな?
ひょうばんはうそなのかな?

わたしが気になっているのはコレ・・・

口コミって赤裸々で参考になるのが多いけど、
信用性はイマイチかけるよね。

かといって、
公式サイトもちょっぴり胡散臭い。

試してみたいけど、どうしようかな~

口コミを信じてみようかな。

ディズニーワールドの教えの口コミと2chの噂

ディズニーワールドの教えの口コミと2chの噂

株式会社ニュースパイラルさんの
ディズニーワールドの教えが
いろんな噂になってるけど、
どこまで信じて良いかわからないのよね。

ほんのちょっとで効果が出た人もいれば、
全然、効果なんてないとか言う人もいるし。

わたしが気になっているのはコレ・・・

販売ページの体験者の声って
なんだか怪しいし、
掲示板も好き勝手に書かれてる印象。

私でも効果がでるなら
本当にやってみたいよ

2017年のヒット商品候補 「Google Home」でできることを知っていますか?(ITmedia PC USER)

出典元:ITmedia PC USER

米Googleのスマートスピーカー「Google Home」が、いよいよ2017年内に日本で発売されます。米国で2015年11月に発売されてから、ずっと「まだかなー」と待っていました。

【Google Homeの各部説明】

 Googleの年次開発者会議「Google I/O 2017」の基調講演をライブで見ていて、「日本でも発売します」という発表のときに「this summer」と聞こえたので、「わーい夏発売~」と喜んだのですが、録画で聴き直したら「starting in this summer」でした。しかもスライドで日本は1番右、つまりカナダから順番に発売としたら5番目となります。

 だから、秋から冬にかけて、2017年内の発売だと思っていた方がよさそうです。価格は米国では129ドルなので、日本では1万5000円くらいになるのでは、と思います。

●そもそも「Google Home」って何?

 あらためてGoogle Homeとは何かというと、マイクとスピーカーが付いていて、声で質問や命令をすると、声で答えたり命令を実行したりする、高さが約14センチ、直径が約10センチのコロンとした卓上ガジェットです。

 このジャンルを作ったのは米Amazon.comです。2014年11月に音声対応アシスタント「Alexa」搭載デバイスの「Amazon Echo」を発売しました。それまでにないモノだったので、当時の記事のタイトルは「音声制御のWi-Fiスピーカー」という、今見るとずれたものになっています。

 Wi-Fiと(今回追加された)Bluetoothでネットワークに接続し、質問の答えをWebや質問した人のクラウド上のデータから探したり、Chromecastテレビやスピーカー、スマートホーム端末を制御したりします。ポートは電源と“for service only”のMicro USBのみ。充電式ではないので、使用中は電源ケーブルがしっぽのように付くわけです。

 設定は、AndroidかiOS端末で、専用の「Google Home」アプリを使って行います。iPhoneユーザーも使えますが、連絡先やスケジュールなどの個人情報関連の問い合わせをしたいなら、やはりGoogleアカウントをメインに使っている方が便利そうです。

 Google HomeのAIアシスタントは「Google Assistant」。呼び出しワード(ホットワード)は「OK Google」あるいは「Hey Google」です。Google I/Oで、Google Assistantも日本で(Allo以外で)使えるようになると発表されました。

●Google Homeでできること

 Google HomeはAmazon Echoにできることは大体できます──といっても、Amazon Echoはまだ日本で売っていないので、ピンと来る方は少ないでしょう。

 Google Homeでできることをリストアップすると、以下の通りです。

・音楽、ラジオ、ポッドキャスト、ニュースを流す
・映像コンテンツをChromecastで接続したテレビで見る
・Google検索する
・自分の情報(連絡先、スケジュールなど)を確認する
・買い物リストとして使う
・スマートホーム家電を制御する
・タイマーやアラームとして使う
・話し相手になってもらう(米国では電話もかけられるようになりましたが、日本は少し先になるでしょう)

●これは便利そう

 さて、実際にGoogle Homeがある生活とはどのようなものなのか、見ていきましょう。

 朝起きて、「Hey Google、おはよう」と話しかけると、「おはようございます、○○さん。5月22日月曜日、午前6時です。天気は快晴、気温は○度です。通勤経路は今のところ通常です。午前10時に社内ミーティングがあります」などと、その日の予定も含めて教えてくれます。これは、「My Day」という機能で、朝教えてほしいことをある程度自分で設定できます。

 「スマートフォンを探す」機能もあります(Googleが作ったIFTTTを使います)。「Hey Google、私のスマートフォンはどこ?」と聞くと、電話してくれて着信音を鳴らしてくれます。

 忘れっぽい私にうれしいのは、代わりに覚えておいてもらう機能です。「Hey Google、私がパスポートをウォークインクロゼットのタンスの上から2番目の引き出しに入れたって覚えておいて」と頼むと、「Hey Google、私のパスポートはどこ?」と聞くと教えてくれます。

 意外と便利そうなのは、複数のタイマーを同時に設定できること。料理で活躍しそうです。例えば、「インゲンの鍋に2分30秒のタイマー、肉じゃがの鍋に10分のタイマー」を設定すると、それぞれの時間にアラームが鳴ります。

 音声によるショートカット機能も使えます。「私のGoogle Play Musicのワークアウト用プレイリストを再生して」といちいち言うのは面倒ですが、「ワークアウト」という一言に設定できます。

 Googleらしい機能としては「Hey Google、 Im Feeling Lucky」と言うと、突然トリビアクイズショーみたいなのが始まります。答えていくうちにどんどん難しくなっていくそうな……。

 これ以外にも幾つかゲームがあります。そういうのを日本語化するのは大変そうです。

●Android端末とのバッティング問題は?

 部屋の中にGoogle HomeとAndroid端末があると、「OK Google」の呼びかけに両方が反応してしまいます。サポートページによると、この問題は、両方が同じGoogleアカウントを使っている場合は発生しないそうです(Google Homeだけが反応する)。

 でも、家族みんながAndroidユーザーだと、それでは済みません。GoogleもAmazon同様にホットワードを変更できるようにするんじゃないでしょうか。

●Google Homeは家族で使える?

 最近、Google Homeは人の声を聞き分けられるようになったので、家族みんなで使えます。いちいち名乗らなくても声で誰かを判断するので、夫婦でそれぞれが「今日のスケジュールは?」と聞いても、それぞれのスケジュールを教えてくれるのです。

 また、我が家のようにiPhoneユーザーとAndroidユーザーが混在していても、Google HomeはiPhoneとも連係できるので問題ありません。

EdgeブラウザのChrome対抗策 次なる一手はWindows 10からの分離か(ITmedia PC USER)

出典元:ITmedia PC USER

長らくWebブラウザの世界でInternet Explorer(IE)が大きなシェアを獲得していたのは、過去のIEから連綿と続くアプリケーション資産の動作をサポートし、主に企業ユーザーが継続利用していたことにある。ただし、そのような「レガシー」のサポートはMicrosoftにとって大きな負担であり、新機能導入の阻害要因にもなっていた。

【画像:2017年4月のWebブラウザシェア】

 一方、Webブラウザ開発において身軽な立場にいたGoogleは次々と新しい機能を投入して改良した新バージョンのChromeブラウザを頻繁にリリースし、2010年代にはライバルらに対して抜きん出る存在にまで成長している。

 新勢力の台頭は、Microsoftにとって看過できない問題だ。対抗策として、IEで積み上げてきた既存のコード(レガシーサポート)を捨て、Windows 10では「Edge」という新しいブラウザとレンダリングエンジンを採用するに至った。

 こうしてWindows 10とともにリリースされたEdgeは、間もなく登場2周年を迎える。NetMarketShareによれば、1年前の2016年4月時点でグローバルのデスクトップ向けWebブラウザ全体でのシェアは4%強程度にすぎない。当時IEは4割近いシェアを確保していたものの、その割合は減り続けており、実質的にChromeなどの競合製品の流出が続いている。

 その後、2016年8月に一般公開されたWindows 10の大型アップデート「Anniversary Update」ではChrome対抗の目玉となる「拡張機能(Extensions)」をついに導入し、続く2017年4月一般公開のWindows 10大型アップデート「Creators Update」の世代では「初期設定でのFlashコンテンツブロック」や「EPUBファイル表示」、「開いているタブの保存」といった新機能も追加してきた。

 このように進化を続けるEdgeだが、1年前と比べてブラウザシェアの状況はどう変化したのだろうか。

●IE+Edgeのブラウザシェアは低下中

 Webブラウザのシェア計測では、NetMarketShareとStatCounterの2つが有名だ。前者はインストールベースの計測でIEが優位になりやすい傾向があり、後者は実アクセス数ベースでヘビーユーザーが多いブラウザが優位になる傾向がある。

 StatCounterでは長らくChromeが過半数以上のシェアで首位ブラウザの地位を占めていたが、NetMarketShareではIEが強く、ChromeがIEを抜いてシェア首位に躍り出たのはちょうど1年前の話だった。

 それから1年後となる2017年4月時点のグローバルにおけるブラウザシェアを見ていこう。NetMarketShareによると、2017年4月のシェアはChromeが59%、IE+Edgeが24.02%となり、さらに両者の差が開いている。少なくともEdgeは4%台から5%台へと微増しているので、ユーザーを大幅に減らしたのはIEだ。

 Windows 7の延長サポートが2020年1月に終了するため、多くの企業では既存のレガシーシステムの見直しまでのカウントダウンが始まっている。MicrosoftではWindows 10におけるIE11の継続サポートを表明しているものの、実質的にはより「モダンな環境」への移行を推奨しており、こうした動きがIEのシェア下落をもたらしている。

 StatCounterの集計も同様で、IEのシェア減少分をEdgeのシェア増加でカバーできていないのが実情だ。Windows 10におけるデフォルトブラウザというゲタがあってなお、Edgeが厳しい状況には変わりない。登場から2年が過ぎようとしており、そろそろ抜本的なマーケティング施策の見直しが必要になるころだと考えている。

●ユーザーはクロスプラットフォーム対応を重視か

 Microsoftが本社を構える米国でも、Edgeの不調を伝えるメディアは少なくない。例えば、米ZDNetの「Does anyone actually use (or even know about) Microsofts Edge browser?(誰か本当にMicrosoftのEdgeを使っている人はいる? あるいは知っているというだけでも)」という記事は、タイトルからして辛辣(しんらつ)だ。

 Windows 10ユーザーであっても、Edgeの存在自体を知らなかったり(あるいは意識していない)、少しでも素養があるユーザーであればクロスプラットフォームで利用しやすいChromeを導入していたりするという内容だ。これはMicrosoftのEdgeを盛り上げたいというキャンペーンが、主にユーザー側の素養や指向によって成功しにくいという可能性を示唆している。

 もう1つ、StatCounterのデータでWindowsとAndroidのOSシェアが逆転したというトピックにも触れておきたい。Androidはスマートフォンとタブレット、WindowsはPCという違いがあるが、ユーザーの滞留時間がモバイルで長くなれば長くなるほど、モバイル環境で使えるブラウザやアプリの存在が重要になり、必然的にPCの利用環境もそれに引きずられることになる。

 先ほどのクロスプラットフォーム対応はいい例で、スマートフォン、タブレット、PCでブックマークや履歴、タブの同期が手軽に行えるなら、Chromeを選択するというのも自然な流れだ。

●EdgeがWindows 10から巣立つ日

 PCとスマートデバイスが混在する現状でもWebブラウザは依然重要な存在ではあるが、かつての「Netscape vs. Microsoft」といったブラウザ戦争が起きていた時代とは事情が異なる。ブラウザを制するものが全てを制するわけではなく、技術的なトレンドリーダーとして影響力を行使できるという程度にすぎない。

 MicrosoftもWindows 10や全社的なメッセージとしてEdgeのみを前面に押し出すわけにもいかず、例えば2017年であれば、Windows Mixed RealityやAI分野でのメッセージング処理の重要性を説くなど、使えるリソースは限られている。Edgeについては、どうしても地味な製品改良に終始せざるを得ないのが現状だ。

 最近同社は「Better battery life with Microsoft Edge」という公式ブログへの投稿で、ChromeとFirefoxの2つのWebブラウザと比較して、Windows 10ではEdgeの電力消費効率がよいことを訴える動画を紹介している。

 これはバッテリー駆動時間のベンチマークテストでFirefoxとChromeが7時間または9時間だったのに対して、Edgeでは12時間以上を記録したことを紹介するものだ。

 パフォーマンスの改善や機能追加、中核技術である「ChakraCore」のオープンソース化など、日々改良が続いているEdgeだが、機能的にChromeに追い付くだけでなく、パフォーマンスと動作効率面でそれをさらに上回らないと真に使われるブラウザにはならない、との考えが開発の原動力になっている。

 もう1つ興味深い話としては、Microsoftが現在開発中で2017年秋に公開予定のWindows 10次期大型アップデート「Fall Creators Update(RS3)」において、「EdgeをWindows本体から分離する」するというウワサがある。

 米Neowinが複数の内部情報源からの話題として報じているが、RS3ではWindows 10からEdgeを切り離し、アップデートを独立したアプリとしてWindowsストア経由で行うようにすることを検討しているという。

 現在、EdgeはWindows 10の一部として提供が行われ、セキュリティパッチを除く大きな機能追加やインタフェースの変更は年2回の大型アップデート(Anniversary UpdateやCreators Update)を経て対応される。

 これを独立させてWindowsストア経由とすることで、こうした周期的な大型アップデートとは非同期のタイミングでの適時アップデートが可能になり、より新機能が追加しやすくなるというわけだ。当然、これは比較的頻繁にアップデートが行われるChromeを意識したもので、Edge支援策の一環というわけだ。

 とはいえ、既に確立されつつあるユーザーのブラウザ利用動向はよほどのキラーアプリやサービスが登場しない限り変化することはないだろう。Windows 10の標準ブラウザという以外のキャラクターを付与されたEdgeがどこまで飛躍できるのか、引き続きウォッチしていきたい。

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~

パチスロ-ギラギラ爺サマー ボーナス直撃打法。今なら立ち回り打法+多機種の攻略法の特典付!のレビューと口コミが気になる

パチスロ-ギラギラ爺サマー ボーナス直撃打法。今なら立ち回り打法+多機種の攻略法の特典付!のレビューと口コミが気になる

中川 武頼の
パチスロ-ギラギラ爺サマー ボーナス直撃打法。今なら立ち回り打法+多機種の攻略法の特典付!が
とにかく話題ですよね。

●chのスレでも
ずいぶんと盛り上がっていたようだけど・・・

「やっぱりこの結果っておかしくない?」
という声もありました。

わたしが気になっているのはコレ・・・

でも
これだけ多くの人の口コミで
【効果ある】みたいだし、信じて試してみようかな。

レビューや口コミのとおりなら
私にもできるかもしれない?!

やってみたいな。

オンラインカジノ攻略情報 株式会社DREAM CARGOのクレームや評判

オンラインカジノ攻略情報 株式会社DREAM CARGOのクレームや評判

株式会社DREAM CARGOの
オンラインカジノ攻略情報は、
購入者からのクレームとか無いのかな?

かなり気になっているから
やってみたいんだけど
やっぱり
 ・本当に効果あるのかとか、
 ・インチキ詐欺商品ではないか
とか心配だよ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

ネット掲示板の口コミや噂からは
それほど悪い評判やクレームの噂もなさそうだから
大丈夫かもしれないけど・・・

効果については、メールサポート付だから
思い切ってやってみようかな。

Virtual RealEstate オンライン帝国の森下 知哉さん 経歴と評判

Virtual RealEstate オンライン帝国の森下 知哉さん 経歴と評判

Virtual RealEstate オンライン帝国が話題になってるけど、
このノウハウを作った
森下 知哉さんって、
しっかりした経歴や実力ある人なのかな?

よく、てきとーに【アドバイザー】を
自称してる人もいるし、
そういう人の商品だと効果がでるか不安。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実際に体験した人の口コミだと
『効果も実感できる』と良い評判が多いみたい。

試してみたい気もするな~

SEO記事作成に革命を。コンテンツライターPRO《キャッシング5》CWP-0205の評判が気になる。リアルなレビュー

SEO記事作成に革命を。コンテンツライターPRO《キャッシング5》CWP-0205の評判が気になる。リアルなレビュー

有限会社スローライフインターナショナルさんが販売していて
話題のSEO記事作成に革命を。コンテンツライターPRO《キャッシング5》CWP-0205って
聞いたことありますか?

評判は、
『とてもいい!』なんて口コミやレビューもあるし、
その反対の意見もあったりします。

わたしが気になっているのはコレ・・・

ネット販売の特徴なのかな・・・

内容が詳しく分からないから
購入するか本当に迷いますよね。

実践してる人の
リアルなレビューを参考にしたいんだけど、
それはそれで悩む。

紹介されているように
自分にも効果が出るなら嬉しんだけどね。

やってみようかな・・・どうしようかな。