(社説)テニス八百長―手を尽くし信頼回復を(朝日新聞デジタル)

出典元:朝日新聞デジタル

スポーツの尊厳を傷つけ、その価値を地に落とす行為だ。
 男子テニスの三橋淳(みつはしじゅん)元選手(27)が八百長に手を染めたとして、国際的な不正監視団体から永久資格停止と罰金5万ドル(約550万円)の処分を受けた。
 2年前に南アフリカとナイジェリアで行われたプロの下部ツアーに参加した選手らに対し、数百ドルから数千ドルの見返りで、わざと試合に負けるよう持ちかけたとされる。
 さらに、公認のブックメーカー(賭け屋)を通じ、テニスの試合を対象にした賭けも76回繰り返していた。公平・公正を疑われるとして、テニス選手は禁じられている行為だ。……
本文:1,870文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です