首長の賠償責任、どこまで 巨額弁済、違法政策の歯止め/自由な判断萎縮(朝日新聞デジタル)

出典元:朝日新聞デジタル

東京都国立市のマンション建設をめぐる訴訟で、約4500万円の損害賠償を命じられた元市長の支援者らが26日、賠償金の元金約3120万円を肩代わりして市に弁済した。首長個人への巨額の賠償金は、違法な政策決定に歯止めをかける効果がある一方、自由な判断を萎縮させるとの指摘もある。国会では賠償額に上限を設ける改正法案が提出されている。

 ■東京では支援者が肩代わり
 賠償を命じられたのは元市長の上原公子さん(68)。確定判決後に支持者らが寄付金を募り、この日、永見理夫市長に手渡した。参加した大桑実枝さん(65)は「一緒に運動してくれた上原さんを見放せない」と話した。……
本文:2,921文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

こういうときはひとまず、
本当に実践した体験者の
口コミを参考にしたいですよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

【賛否両論】意見がいろいろあるのも分かるけど

ちゃんと判断したいので
ネタバレやレビューを読んでると・・・

効果はもちろんだけど、
行き詰った時などメールサポート等は、
すぐに返事があってイイみたい。

サポートが【親切】って
購入者の多くが言ってるみたいだね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です