未分類

セイコーエプソンが狙うオフィス向けインクジェット機の勝算(ダイヤモンド・オンライン)

出典元:Photo by Masato Kato

2016年度に、為替の影響を除く本業の業績では増収増益となったセイコーエプソン。中期経営計画の折り返しの年を迎えた同社の碓井稔社長に、注力点を聞いた。

 ──2018年度を最終年度とした中期経営計画が2年目を迎えました。ここで注力することは。

 1960年代から培ってきた、当社のものづくりのDNAである省・小・精(「エネルギーを省く」「モノを小さくする」「精度を追求する」)のキーワードを大事にしつつ、「社会になくてはならない会社になる」ことです。

 競合との勝負に一喜一憂せず、エプソンでなければ提供できない価値や、世の中の期待を上回るものを、最初に作る会社になる。「インクジェット」「ビジュアル」「ウエアラブル」「ロボティクス」の四つの分野でイノベーションに注力します。逆に、競合が多くエプソンがやることに意味のない事業、レーザープリンターや半導体、液晶などからは撤退しました。

関連記事

  1. 「Windows 10 S」「Surface Laptop」に対…
  2. ユーグレナ市場規模、100億円突破(健康産業新聞)
  3. 【人生保険】人生保険はネットで商売をしている人「必読」の情報集で…
  4. MicrosoftのナデラCEOが開発者に語る 「ディストピア阻…
  5. S席【2013年6月15日】午堂登紀雄×宮本民行特別講演会 株式…
  6. 稲田 幸雄のアマゾン・アソシエイト アフィリエイト自動更新サイト…
  7. 「Windows 10 S」「Surface Laptop」に対…
  8. 直接取材プランの効果は?厳しいレビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。