セブン&アイの「オムニ7」、配達時間指定の時間枠一部変更を公表(ネットショップ担当者フォーラム)

出典元:ネットショップ担当者フォーラム

セブン&アイホールディングスがグループの総合通販サイト「オムニ7」の配達時間帯指定サービスの内容を改定する。

「12時~14時」の時間帯指定を廃止し、「20時~21時」の時間帯指定を「19時~21時」に変更する。ヤマト運輸が宅急便の時間指定サービスを変更することに伴う措置。

配達時間指定サービスを変更するのはセブン‐イレブンのセブンネットショッピング、西武・そごうのe.デパート、イトーヨーカドーネット通販、アカチャンホンポネット通販、ロフトネットストア。

2ちゃんねるって勝手に好きな事を書かれるからね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

でも、口コミだと【サポートもしっかりしている】とか、
わざわざ【返金保証】とかもあるようだし・・・

これは試してみる価値ありかなあ。

効果が本当なら
スゴイと素直に思うし、試してみたい気もするんだよね

中国で「ダメ企業」の烙印、日本電機メーカーの凋落(ダイヤモンド・オンライン)

出典元:かつて、ストが起きたこともあるパナソニックの中国工場  Photo:REUTERS/AFLO

中国メディアに登場した日本企業の報道は、概ねプラス評価になっているものが多い。それが企業文化などになると、さらに評価する記事が増える。その実情や、日本企業の裏事情を知っている人間としては、時に赤面してしまうほど褒めまくりだ。

 しかし、近年、日本企業を見る目は間違いなく厳しくなった。

 例えば、「日本企業はよく『検討する』と約束するが、一向に決まらないし、行動も起こさない」「残業はよくするが、あまり成果を出せない」。日本企業を議論するとき、そんな評価が枕詞となっている。

 最近の具体的な報道を見てみると、より明らかになる。

 中国の有力メディア「21世紀経済報道」は、パナソニックの中国法人に容赦なくメスを入れた。

 「松下家電廠一線員工調査実録 效益下滑人才難留」と題する報道記事は、中国沿海部にあるパナソニックの従業員を取材する形で、従業員の士気の低迷ぶりをあぶり出している。パナソニックよりも、旧社名である松下電器の方が親しまれているので、中国ではパナソニックのことを「松下」と呼ぶ。ここでも以下、松下と呼ぶことにする。

 敷地面積3万5000m2

三菱東京UFJ銀、頭取交替で露見した「無風の王位継承」の死角(ダイヤモンド・オンライン)

出典元:三菱東京UFJ銀行の頭取交代会見に出席した、6月に新頭取となる三毛兼承副頭取(右)と、平野信行・三菱UFJフィナンシャル・グループ社長

「次の次の頭取まで決まっている」といわれるほど“無風”が常だった三菱東京UFJ銀行のトップ人事だが、小山田隆頭取が就任からわずか1年余りで退任するという不測の事態が発生。異例の頭取交代劇は、それにあらがう危機対応プランの痕跡と、“無風”が前提であるが故の潜在リスクを浮き彫りにした。(「週刊ダイヤモンド」編集部 鈴木崇久)

 「体調が悪化し、思うに任せない。頭取の職責遂行に支障を来しかねない」

 5月19日、三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)の中核子銀行である三菱東京UFJ銀行の小山田隆頭取は、三菱UFJFGの指名・ガバナンス委員会に対して、そう辞意を表明したという。

 三菱東京UFJの頭取人事には「鉄のおきて」が二つ存在した。一つが「任期4年の不文律」。もう一つは「頭取の履歴書」だ。歴代頭取は東京大学か京都大学卒で、旧三菱銀行の企画畑出身と相場が決まっていた。

 この二つを組み合わせて、現頭取の3~5年次下の「履歴書」に合う人物を探すと、「次」どころか「次の次」の頭取まで分かる。それほど“無風”が常なのが、三菱東京UFJのトップ人事だった。

 ところが、今回は他社でも通常はあり得ない就任1年余りでのトップ交代。しかも、小山田頭取は今年4月に業界団体のトップである全国銀行協会の会長に就任したばかり。まさに異例ずくめだ。

こういうときはひとまず、
本当に実践した体験者の
口コミを参考にしたいですよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

【賛否両論】意見がいろいろあるのも分かるけど

ちゃんと判断したいので
ネタバレやレビューを読んでると・・・

効果はもちろんだけど、
行き詰った時などメールサポート等は、
すぐに返事があってイイみたい。

サポートが【親切】って
購入者の多くが言ってるみたいだね。

セイコーエプソンが狙うオフィス向けインクジェット機の勝算(ダイヤモンド・オンライン)

出典元:Photo by Masato Kato

2016年度に、為替の影響を除く本業の業績では増収増益となったセイコーエプソン。中期経営計画の折り返しの年を迎えた同社の碓井稔社長に、注力点を聞いた。

 ──2018年度を最終年度とした中期経営計画が2年目を迎えました。ここで注力することは。

 1960年代から培ってきた、当社のものづくりのDNAである省・小・精(「エネルギーを省く」「モノを小さくする」「精度を追求する」)のキーワードを大事にしつつ、「社会になくてはならない会社になる」ことです。

 競合との勝負に一喜一憂せず、エプソンでなければ提供できない価値や、世の中の期待を上回るものを、最初に作る会社になる。「インクジェット」「ビジュアル」「ウエアラブル」「ロボティクス」の四つの分野でイノベーションに注力します。逆に、競合が多くエプソンがやることに意味のない事業、レーザープリンターや半導体、液晶などからは撤退しました。