近親相姦はなぜいけない?意外と説明できないタブーの正体(ダイヤモンド・オンライン)

出典元:古代ギリシャでは「叔父と姪の結婚」は推奨されたこともある。何親等までの性交が近親相姦にあたるのかも、実は人類共通の基準はなく、時代や社会によってさまざまなのだ

近親相姦はダメ――これは社会常識化した概念だが、実は刑法上の罰則はなく、人類学的に見れば、「近親相姦はむしろ普遍的」と言うこともできる。タブーであるが故に誰も積極的に語りたがらない近親相姦にはどんな歴史があるのだろうか?(フリーライター 光浦晋三)

● 「近親相姦で子どもに障害」は作り話説も 人類学的に見たタブーの歴史

 古来、インセスト=近親相姦は人間の根源的な禁忌行為だった。しかし、起源にはさまざまな説があり、実ははっきりと分かっていない。

 これほど近親相姦が禁忌だと一般常識化されているにもかかわらず、実は日本の刑法上、近親相姦は罪に問われることはない。定期的に報道される成人男性と未成年女子との性交やわいせつ行為は法的に罰せられるのに対し、近親相姦は「やってはいけない行為」としてタブー視されているにすぎない。

 しかしなぜタブーなのか、倫理や感情以外の要素で説明するのは意外と難しい。世界的に見ても、国や民族ごとに近親相姦に対する考えや法律は異なっている。さまざまな点から考察できる問題だが、今回は人類学の観点から、人類学者の川田順造・神奈川大学特別招聘教授に話を聞いた。

 川田氏は「父と娘、母と息子、兄と妹といった近親者間の性交は、実際には行われているにもかかわらず、タブーとされている社会が多いです。しかも、単なる禁止ではなく、何かしら忌まわしい、不吉なものとして意識されています」と語る。

 生物学的理由としては、血が濃くなって遺伝子の多様性を獲得できず、ウイルスや病気に勝てない病弱な子どもができたり、障害のある子どもができたりする可能性が高まるといわれている。このような「近交弱勢」を避ける遺伝的・文化的傾向を持った個体の方が、より多くの子孫を残してきたことが、近親相姦タブー視の起源と進化ではないかという説は根強い。

 しかし、川田氏は「鳥類や哺乳類一般において、ある頻度での近親性交は、自然で正常な行為です。人間社会では、母子、父子で子どもを作ると障害がある子が生まれるという噂がまことしやかに定説になっているが、実際にはデータが少なすぎるし、そのような子が生まれても、公にされることじゃないから実際はどうなのか分かっていない。少なくとも島崎藤村が兄の娘とセックスして生まれた子は非常に優秀だった。だから、障害のある子が生まれるという噂自体が、近親性交のタブーを広げて定着させるために作られた話なのではないかとも考えられるのです」と指摘する。

筋肉をつけたい男性必見!「筋肉食」とは何か(ダイヤモンド・オンライン)

出典元:せっかく筋トレに励むのならば、効果的な食事も併用したいところ。糖質制限をしてタンパク質中心に食べるだけでは不十分です

夏に向けて体を引き締めるべく筋トレを始める季節になりました。筋トレの成果が出ると、面白くなってストイック取り組むという男性も多いことでしょう。今回は、筋トレをする男性必見の筋肉を効率的につける食事についてお伝えします。(管理栄養士 岡田明子)

● 運動と食事はセットで 筋肉を作りやすくする

 食事メニューの話をする前に、筋肉を作るために不可欠なタンパク質の摂取について少し説明します。

 タンパク質は筋肉に限らず皮膚、髪、内臓などあらゆる組織を構成する材料で、私たちの体は約10万種類ものタンパク質から構成されています。タンパク質は体作りに欠かせない栄養素なのですが、健康的に体を作る(筋肉を増やす)ためにはタンパク質を食事で摂取しさえすればよい、というわけではありません。運動も欠かせないのです。

いま、話題になっている・・・
素敵な筋肉bodyになる トレーニング・メソッドをご存知ですか?

その効果についてもですが、
柳谷 悌三さんの評判も色々と書かれてますね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

気になる内容が『あの掲示板』でかなり流出してるみたいです。

ネタバレと口コミを読んでみると・・・
ある程度、購入前に中身がわかるっていいかも。(^^)v

文句とか批判ばかり言ってても仕方ないですよね。

ちょっと頑張ってチャレンジしてみようかしら?!

“多産多死型”の外食産業でも成長できるロイヤル式多角化経営(ダイヤモンド・オンライン)

出典元:Photo by Yoshihisa Wada

伸び悩む外食産業にあって、5期連続で増収増益を記録しているロイヤルホールディングス。その実績は、2010年に社長に就任した菊地唯夫・現会長CEOによるところが大きい。日本債券信用銀行からスタートした仕事人人生やロイヤルの持続的な成長経営について聞いた。(聞き手/ダイヤモンド・オンライン編集長 深澤 献)

● 従業員と社長が一緒に育つ経営

 ――「ステークホルダーとの関係性を第一に」など、明確なテーマを最初に据えて経営に取り組むというのが、菊地さんの経営スタイルですね。これ、“言うは易し”で、その姿勢を徹底するというのも、理論を忠実に実践するというのも決して簡単ではない。それをサラリとやってのけているところがすごいと感じました。

 菊地 最初からそうだったわけではないですよ。社長に就任したときは、何をすればよいのか、本当にノーアイデアでした。

 ただ、従業員向け決算説明会や経営塾を通して、社員に「毎年1円でもよいから増収増益を。それが株主も従業員もハッピーになる原点だ」と言い始めたのも、この連載の第3回で述べましたが、社長就任から1年後にあった東日本大震災での炊き出し支援がきっかけだったと思います。

 支援に向かった従業員たちが、現地で温かい料理を提供するだけでなく、少しでも早くお渡しできるように列のつくり方を考えたり、幼い子どもを抱いている被災者の方にはプレートを持ち運ぶ担当者を決めるなど、そこには調理と接客のプロの神髄がありました。

 そんな素晴らしいプロが、仕事に見合う待遇を得ているだろうかと思ったこと。それがステークホルダーとの関係性を強め、豊かにする経営というアイデアにつながっていったのだと思います。

 ――「成長こそがステークホルダー間の利害対立を生まない」ともおっしゃっている。

 菊地 成長が鈍っているから株主や従業員などステークホルダー間の利害対立が問題として浮かび上がっているのだと思います。成長が続いていれば、誰もが利益の分配を享受できるのでステークホルダー間の利害対立は起きません。

 成長が鈍化している今だからこそ、「利害対立を起こさない経営」が大きなテーマになるのだと思いますし、経営の難しさでもあるのだと思います。

 ――社員の皆さんへの決算説明会や経営塾を通じて、ご自身も経営者として深まっていくという様子も窺えました。

 菊地 それはもちろん、あります。経営塾の受講生から寄せられる質問、疑問を考えるだけでも経営についての考え方が深化していくというか学びになっています。それを少しずつ繰り返していくことで、自問自答も多くなり、「今、考えていることは経営理念で言えば、こういうことかな」などと思いが鮮明になってくるのです。

 おそらく最初から分かっていたわけではなく、経営に大切なことや、経営のスタイルみたいなものがジワジワと積み重なっていく。あるときに突然、「これが経営の要諦だ!」などとひらめくことはないです。そういう天才型の経営者もいるかもしれませんが、私はジワジワと積み重ねるタイプですね。

 ――その経営者としての“歩み感”というべきものが、社員の皆さんにも「一緒に育つ」という感触につながっているのでしょうね。

 菊地 そうだと嬉しいですね。連載でもちょっと述べましたが、疑問を持って一緒に考えていくのはすごく大事なことだと思います。疑問を持たないと人間は進化しないし、目の前の仕事を漫然とこなすよりも、常に疑問を持つことによって人間は初めて次のステップにいけると思います。

 逆に言えば、「なぜ自分はそういう疑問を持つのだろう」と知ること自体が、ステップアップにつながると思うのです。この双方向、インタラクティブなアプローチは、仕事人として大事なプロセスだと思います。

 ――失礼ながら、学校の先生になられたらよかったのにとも感じます。

日本でもポピュリズムは起こり得る。熱狂はいつまで続くのか(ダイヤモンド・オンライン)

出典元:Photo:REUTERS/AFLO

フランス大統領選で極右政党、国民戦線のルペン代表が敗れたことで、ポピュリズム台頭の流れが止まったと見る向きもあるが、果たしてそうなのだろうか。「ポピュリズムとは何か」(中公新書)の著者でもある水島治郎・千葉大学教授(欧州政治)は、「ポピュリズムは、先進国で既成政党の政策に影響を与えながら“主流化”されてきた」と指摘する。グローバル化の加速により、中流層にも繁栄に「取り残された層」が増える中で、格差是正や雇用創出に手を打たない限り、ポピュリズムの「熱狂」は収まりそうにない。(聞き手/ダイヤモンド・オンライン特任編集委員 西井泰之)

● ポピュリズムの主張が 既成政党の主流となっている

 ──オランダに続きフランスでもポピュリズム政党の政権獲得は実現しませんでした。

 表向きは、ポピュリズムの「熱狂」は勢いを失ったようにも見えるかもしれないが、政党政治に焦点をあてると、まったく逆の姿が見える。

 フランス大統領選では、従来の二大政党である共和党と社会党の得票率が、合わせても2割強しかなかった。二大政党の候補が決選投票に残れなかったのは初めてだ。オランダでも、右派ポピュリズム政党の自由党は第1党にはなれなかったものの、議席を伸ばし第2党になった。与党も自由民主人民党が第1党を維持したのは、自由党の台頭に危機感を抱き、ルッテ首相自らが選挙戦で激しい移民批判を展開したからだ。

こういうときはひとまず、
本当に実践した体験者の
口コミを参考にしたいですよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

【賛否両論】意見がいろいろあるのも分かるけど

ちゃんと判断したいので
ネタバレやレビューを読んでると・・・

効果はもちろんだけど、
行き詰った時などメールサポート等は、
すぐに返事があってイイみたい。

サポートが【親切】って
購入者の多くが言ってるみたいだね。