未分類

(耕論)戦う米ジャーナリズム チャールズ・ルイスさん、アート・カレンさん(朝日新聞デジタル)

出典元:朝日新聞デジタル

偽ニュースがネット上を駆け巡り、大統領は虚偽の発言を繰り返す。「ポスト真実時代」をジャーナリズムは生き残れるのか、どう戦えばいいのか。米国の優れた報道に贈られるピュリツァー賞を受賞した非営利団体の創設者と、社員10人の地方紙社説担当者に聞いた。
 
 ■国や所属超え、調査報道実る チャールズ・ルイスさん(ICIJ創設者)
 「国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)」は、1989年に私が設立した調査報道機関CPIのプロジェクトとして97年にスタートしました。2014年のCPIのピュリツァー賞に続き、ICIJが今年、「パナマ文書」のスクープでピュリツァー賞を受賞したことを喜んでいます。……
本文:6,585文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

関連記事

  1. iTunesがWindows Storeに登場予定(ITmedi…
  2. 月売上10万円、妻子持ちサイトアフィリエイターが勢いで会社を辞め…
  3. 制覇をつくったクリアイズム有限会社の真実!ネタバレとレビュー
  4. 金融緩和の「出口戦略」で見過ごされているリスク(ダイヤモンド・オ…
  5. マイライフ出版株式会社の富の書は効果なし?内容暴露
  6. みんなの!副業から起業きっかけフェス2013 9月7日入場チケッ…
  7. 2016年度の宅配便は40億個を超える可能性。トラック宅配便取扱…
  8. 水津 恭典の【7月31日迄】Binary6(バイナリーシックス)…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。