(耕論)戦う米ジャーナリズム チャールズ・ルイスさん、アート・カレンさん(朝日新聞デジタル)

出典元:朝日新聞デジタル

偽ニュースがネット上を駆け巡り、大統領は虚偽の発言を繰り返す。「ポスト真実時代」をジャーナリズムは生き残れるのか、どう戦えばいいのか。米国の優れた報道に贈られるピュリツァー賞を受賞した非営利団体の創設者と、社員10人の地方紙社説担当者に聞いた。
 
 ■国や所属超え、調査報道実る チャールズ・ルイスさん(ICIJ創設者)
 「国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)」は、1989年に私が設立した調査報道機関CPIのプロジェクトとして97年にスタートしました。2014年のCPIのピュリツァー賞に続き、ICIJが今年、「パナマ文書」のスクープでピュリツァー賞を受賞したことを喜んでいます。……
本文:6,585文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です