山崎元式「人生の手仕舞い」のセオリー6箇条(ダイヤモンド・オンライン)

出典元:写真:ダイヤモンド・オンライン

● 人生の手仕舞いは難しい

 人は老いるし、必ず死ぬ。残念だけれども仕方がない。そして、人生の手仕舞いは、なかなか難しい。

 その理由が、たぶん二つある。一つには自分で自分の人生の手仕舞いを意識することが愉快ではないから、手仕舞いを考えたくないからだ。もう一つには、いよいよ手仕舞いの時期が近づいた時には本人の判断力が必要十分ではない場合があるからだ。

 後者の場合に後で第三者が振り返ってみると、「相当に、損だった!」というケースが少なくない。こうしたケースは、できれば避けたいものだ。

 いわゆる「老後」をどう生きて、どう始末を付けるのがいいかは難しい問題だが、現時点での筆者の考えと(筆者は現在59歳だ)、筆者の家でのやり方とを、一つのサンプルとしてご説明してみたい。

公式ページに書かれている
『お客様の声』とか『モニターさんの成功例』とかが
あまりにもウマくいきすぎっ!!!って印象

わたしが気になっているのはコレ・・・

実際の効果が気になるのは事実なんですけど

やっぱり、ネットの商品って
たまに詐欺商品ありそうだし・・・
騙されたくないでしょ。

吉田 光雄さんは実績ある人みたいだし
大丈夫なのかな。

どうしよう~
チャレンジしてみようかな。

受動喫煙だけでは生ぬるい!新たな懸念「三次喫煙」の深刻性(ダイヤモンド・オンライン)

出典元:写真:ダイヤモンド・オンライン

5月31日は、WHO(世界保健機関)が制定した「世界禁煙デー」。世界では188ヵ国中49ヵ国で、すでに医療施設・学校・行政機関・飲食店・交通機関などの公衆の場に「屋内全面禁煙を義務化する法律」がある。日本は法規制による受動喫煙防止対策では、最低レベルの超後進国。最近は、喫煙によって衣服や髪の毛にたばこの煙が付着した際の有害物質の影響(三次喫煙)を懸念する報告もある。オリンピック開催国として、政府はどう決断するのか。(医療ジャーナリスト 福原麻希)

● 自民党案の 「店内分煙」が難しいワケ

 受動喫煙対策の強化を盛り込んだ「健康増進法改正案」をめぐって、自民党と厚生労働省の調整が難航している。争点は「飲食店での喫煙」。自民党は「一定面積以下の店で表示をすれば分煙可」、および「未成年の入店禁止」などの条件を求める。

 一方、塩崎恭久厚生労働大臣は飲食店の客だけでなく、従業員を受動喫煙から守るため「建物内(屋内)は原則禁煙」を譲らない。

 厚労省の調査によると、現在、国民の8割は非喫煙者(※1)
という。同調査で過去1ヵ月間に受動喫煙を体験した非喫煙者の割合を質問したところ、飲食店で41.4%、遊技場で33.4%、職場で30.9%(複数回答可)だった(※1)
。 「受動喫煙」とは、「非喫煙者がたばこの煙(喫煙者が吐き出す煙+たばこから立ち上る煙)を感じたとき」(日本禁煙学会・作田学理事長)と定義されている。

 国際がん研究機関(IARC)の発表によると、たばこの煙には5300種類以上の化学物質が含まれ、そのうち200種類以上は有害物質、さらに70種類以上は発がん性物質という。

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~

自動車業界も「AIブーム」でも人工知能学会は冷めた目で見る理由(ダイヤモンド・オンライン)

出典元:人工知能学会の会長、山田誠二氏が講演 Photo by Kenji Momota

● 第三次ブーム真っただ中のAI 本当に人間を支配するほど発達するか

 人工知能学会は2017年5月23日から26日までの4日間、JR名古屋駅近くの愛知県産業労働センター『ウインクあいち』で第31回全国大会を開催した。

 大会の冒頭、人工知能学会の会長で国立情報学研究所・教授の山田誠二氏が基調講演を行った。

 その中で、まずは最近のAIブームについて触れ、「本学会としては、クールに冷めた目で見ている」と述べた。こうした姿勢は、昨年北九州市で開催された第30回全国大会での前会長の講演内容と同じだ。

 また、論文の発表件数で見ると、過去20年ほどで3倍になっており、これはAI研究者の数が増えていることだと指摘。一方で学会の会員数は、第二次AIブームと呼ばれた90年代初頭の後から減少。1993年から2012年までの『AI冬の時代』の後、2013年から急激なV字回復となっており、「いまは第三次ブームの真っただ中にいる」(山田氏)という見解を示した。

 こうした時代背景を説明した後、講演の主題である『インタラクティブなAI』について話を始めた。

 ここでいうインタラクティブとは、人とAIが相互に補完し合うことを指す。

2ちゃんねるって勝手に好きな事を書かれるからね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

でも、口コミだと【サポートもしっかりしている】とか、
わざわざ【返金保証】とかもあるようだし・・・

これは試してみる価値ありかなあ。

効果が本当なら
スゴイと素直に思うし、試してみたい気もするんだよね