高樹沙耶被告でケチがついた「医療用大麻」解禁はあるのか(ダイヤモンド・オンライン)

女優の高樹沙耶被告(本名・益戸育江)が大麻取締法違反容疑で厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕されたのは昨年10月25日のことだ。

 その3ヵ月前の7月、高樹被告は参議院議員選挙に出馬(新党改革・東京都選挙区)している。そこで彼女は“医療用大麻の解禁”を訴えているのだが、メディアもさほど高樹被告を取り上げることがなかったからか、公約は“医療”大麻の解禁ではなく、嗜好品としての大麻解禁を声高に叫んでいるとの誤解を生んだ。自分が吸いたいから解禁を訴えているのだろうとの誤解だ。胡乱な目で見られたのは高樹被告の選挙対策や戦略に不備があったとも言えるのだが、ハッパをやってみんなハッピー――、が高樹被告の主張のようにも受け止められた。ましてや、ASKA氏や清原和博氏が逮捕された記憶がまだ鮮明な時期のことである。

 結果、選挙は惨敗に終わった(獲得投票数6万431票・得票率1.0%)。医療用とはいえ大麻解禁を訴えればマトリ(麻薬取締部)が怪しまないわけがなく、高樹被告は調査対象になるのだが、麻取が睨んだとおりと言うべきか、案の定と言うべきなのか、選挙期間中も高樹被告は大麻を吸引していたことが発覚した。

 選挙を終えた後、高樹被告は2011年から移り住んだ石垣島に戻るが、週刊新潮に発表した手記には、逮捕に至るまでと逮捕後の取り調べ~三ヵ月後の保釈に至るまでの経緯が赤裸々に記されている。

 〈母屋のデッキに出てみると、30人ほどの男女がズラッと並んでいる姿が目に入った。全員、黒いウィンドブレーカーを着ていて、麻薬取締官だということはすぐにわかりました。その瞬間、“これで、終わった”と思った。すぐさま、わたしは取り囲まれ、そのうちの一人から家宅捜査令状を示されました〉(週刊新潮5月4・11日合併号より)

【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~

本選考で落ちまくる「インターンシップ熱中症」に要注意!(ダイヤモンド・オンライン)

6/1の情報解禁で俄然盛り上がるインターンシップ。初動の速さで勝負が決まると言わんばかりに複数社の企業のインターンに参加申込みをした学生も多い。インターンでの活躍が採用に直結するケースもあり、気合いを入れて参加することは良いのだが、インターンに夢中になってしまったがゆえに、本選考で落ちまくる「インターンシップ熱中症」の学生も増えている。後悔しない就活のために、知っておくべき注意点とは? キャリアデザインスクール我究館館長、書籍『絶対内定』シリーズ著者の熊谷智宏氏に聞いた。● 夏に注意したい「インターン熱中症」

 インターンシップに積極的に参加している学生に、知っておいてほしいことがある。それは、インターンシップ参加「だけ」に熱中しないでほしいということだ。言い換えるならインターンシップ以外の活動にも注力してほしいということである。
 その背景には、インターンシップの選考には「通りまくった」のに、本選考(採用につながる選考)では「落ちまくる」という「インターン熱中症」に陥ってしまう学生の存在があるからだ。この傾向は、夏のインターンシップの参加者に多い。
なぜこういった悲劇が起こってしまうのだろうか。

 それは、「インターンシップ」と「本選考(採用につながる選考)」の倍率の違いがある。私が聞いた話だと、夏のインターンは10~20倍程度の企業が多いという。一方で、本選考は100倍や200倍の企業もざらにあるのが現実だ。つまり、インターンに通過したからといって、本選考に通過する実力があるということではない。しかし、実際はインターンの選考を通して、多くの学生が「自分は選ばれた」と、勘違いしてしまう。

 複数日程以上のインターンプログラムでは、書類や面接といった選考が実施される。これは本選考と同じプロセスである。そのため、選考に通過すると「本選考もこの調子で大丈夫なのでは」という気持ちになってしまうのだ。
 残念ながらこういった学生は、冒頭で述べたように本選考で落とされてしまうケースが多い。この油断が、インターンシップ以外の活動への手抜きにつながってしまい、倍率が上がる本選考までに「人としての成長」を実現できていないケースが多く見受けられるからだ。

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~

歯がぐらついたら手遅れ!「歯周病」恐怖の体験記(ダイヤモンド・オンライン)

今年も、「歯と口の健康週間」がやってきた(2013年より毎年6月4~10日)。というわけで、今回は歯を守るためのあれこれについて考えてみたい。

 じつは、筆者がこのテーマを取り上げるに当たっては、一昨年の秋から昨年の秋に掛けての苦い経験――というよりは、正に痛い目に遭ったことが背景にある。

 2015年当時、真夏の暑い時期から時折、下奥歯(両方)の根元が痛むことが断続的に続いたことがあった。時には、噛みあわせると激痛が走る。「疲れですよ。歳ですから」と言う周囲の言葉に、「そうだよなあ。毎日、朝から晩までが続く時期だからなあ」とやり過ごしているうちに、一旦は収まったのだが……。

 それから数週間経ったある日、今度は右下最奥歯(親不知はすでにない)がぐらつきはじめた。痛みはこれといってないのだが、いかにもやばい様相である。

 数日のうちに近くの評判のよい歯科医院で見てもらったところ――「だいぶぐらついてますねえ~。ぐらつきはじめると、基本的には抜歯するしかないんですよねえ(語尾上げ)。う~ん」と、妙にハイテンションな女医と、その最初の見立て。さらには、「左下のいちばん奥も少しぐらついていますねえ」と追い討ちが加わる始末。

 その日は、一縷の望みに賭けて抜歯はせず(させず)、レントゲンを撮り、歯周ポケットの深さを調べ……、抗生物質(3日分)を処方してもらった次第だ。

 その過程で分かったことであるが、歯周ポケットの深さは3mm以下が正常であるところ、該当の歯の周りは、なんと11mmにもなっていた(!)。と同時に、レントゲンの結果からは、右下最奥部分では歯を支えている顎の骨が(とくに外側が)痩せてきているとのこと。これは主には加齢によるところらしい。

 その後、他の歯に波及しないように通院を続けながら、個人としてできることとして、研磨剤を薬用に変え、殺菌剤(マウスウォッシュ)や塗り薬(軟膏)も併用し、「骨のためには」とカルシウム・サプリを摂り、とあれこれ手を尽くし、数週間でぐらつきを収めるところまでは対処できた。が、しかし、歯周ポケットが回復する(浅くなっていく)気配はなかった。

EU・中国、温暖化対策主導 米は離脱表明 パリ協定履行合意(朝日新聞デジタル)

欧州連合(EU)と中国の首脳会議が2日、ブリュッセルであり、トランプ米政権が離脱を決めた地球温暖化対策の国際ルール「パリ協定」=キーワード=を、全面的に履行することで合意した。将来の世代のため、パリ協定の実行に向けた政治的な責任を果たすことで一致した。協定発効を主導した米国が抜けることで、中国とEUが温暖化対策を主導する動きが加速しつつある。
 ▼2面=環境より雇用、6面=経済界から懸念、8面=世界揺さぶる、12面=社説、33面=日本各地で抗議

 EU首脳会議のトゥスク常任議長は共同会見で、「EUと中国は、気候変動の協力に関し、将来の世代に対する連帯と地球に対する責任を明示した。……
本文:2,184文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?

(ひと)深谷かほるさん ツイッター発の漫画で手塚治虫文化賞短編賞を受けた(朝日新聞デジタル)

小さな葉っぱにかきつけた手紙。自分の漫画をそんな風に表現する。「その手紙がこんなにたくさんの人へ届いていたなんて。本当におかげさまです」
 猫の遠藤平蔵というキャラクターが、人びとの心の涙をかぎつけて、その悩みにそっと寄り添う漫画「夜廻(まわ)り猫」。2015年10月からツイッターで発表し始めたら、人気がじわじわ広まり、単行本を出版。今年の第21回手塚治虫文化賞短編賞を受けた。
 数年前に何となく描いた、夜にたたずむ猫の絵。気胸で入院した当時高校生の長男から「あの猫の漫画が読みたい」とせがまれた。手元の紙に描くと「せっかくならアップしたら」と勧められた。……
本文:1,102文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

カゴ落ちユーザーにアプリのプッシュ機能で購入促進、神戸レタスで引き上げ効果も(ネットショップ担当者フォーラム)

アプリ運営プラットフォーム「Yappli(ヤプリ)」を開発・提供するヤプリ(旧ファストメディア)は5月31日、カゴ落ち(カート放棄)したユーザーにアプリの「プッシュ通知」で再訪問を促す「カゴ落ちプッシュ機能」β版をリリースした。

米国Baymard Institute社によると、ECサイトの「カゴ落ち率」は、世界平均で約70%近く。機能を通じ、利用ECサイトのカゴ落ちによる機会損失の幅を縮小する。

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?

アフィリエイターを増やして掲載の輪を広げる「リクルーティング」のポイント(ネットショップ担当者フォーラム)

アフィリエイターへのアピールや情報提供のコツをお伝えしてきましたが、新たなアフィリエイターとの関係性は、展示会や体験会といったリアルの場でなくても作れます。今回は「個別リクルーティング」についてご紹介します。

未来革命合同会社のFXフィボナッチトレーニング解答集 体験談とネタバレがヤバいかも

未来革命合同会社さんの
FXフィボナッチトレーニング解答集がネタバレされてる。

体験談とかもかなりあって、けっこうヤバイ感じですね。
これは、多くの人が実践しいるということかな。

ただこれだけ【良い効果】が出ている!なんて聞くと、
逆に【怪しく】感じてきてインチキとか疑っちゃうな

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果が出る人もいるし、出ない人も当然いるわけですよね。

全額返金保証もあるのかな?!

とりあえず今回やってみようかな・・・ムムム

信じて、本当に大丈夫かな?

インスタグラム利用者の約1割が「投稿された商品を購入」(ネットショップ担当者フォーラム)

インターネット調査のマイボイスコムがこのほど実施した「Instagramの利用に関するアンケート調査」によると、インスタグラム利用者の約1割がタイムライン上で見た商品やサービスを購入・利用していることがわかった。

アンケートに回答した1万955人のうち、Instagram(インスタグラム)を利用している割合は11.1%。

利用者が直近1年間に行ったことは「いいね! をする」が61.4%、「ハッシュタグでの検索」が33.2%、「投稿された商品・サービスについて調べる」が22.2%。

消費につながる行動としては、「企業や店舗などの公式アカウントをフォローする」が11.7%、「投稿された商品・サービスを購入・利用する」は9.5%だった。

インスタグラムに関する行動について(画像の一部を編集部が加工)

□ インスタグラムの利用目的と利用する理由

インスタグラムの利用目的を複数回答で質問したところ、「有名人・著名人などの投稿を閲覧する」「友人・知人や家族などの投稿を閲覧し、近況を知る」は40~50%、「興味がある分野の情報収集」「友人・知人や家族などとのコミュニケーション」は20%台。

インスタグラムを利用する理由は、「有名人が利用している」「友人・知人や家族が利用している」がそれぞれ利用者の30%強。「写真がメインなので、コメントをあまり書かなくてよい」「友人・知人など仲間同士で交流できる」が約20%を占めた。

女性の若年層は「他の人の髪型やファッション、料理などを参考にしやすい」と回答した比率が高い。

インスタグラムの利用意向者は全体の12.5%。女性は若年層ほど利用意向が高く、20代で40%弱、30代で20%強、40代以上では約10%だった。

インスタグラムの認知・利用状況について

□ インスタグラムの認知・利用状況

インスタグラムの経験者は全体の15.5%。現在の利用状況は「アカウントを所有しており、閲覧・フォローだけでなく、写真・動画を投稿している」が4.7%、「アカウントを所有しており、閲覧・フォローが中心」が6.4%、「アカウントを所有しているが利用していない」は3.2%、「過去に登録していたがやめた」は1.2%。

インスタグラム利用者のうち、1日1回以上アクセスする人は49.3%。女性の20~30代では「1日2回以上」が4~5割を占め、他の層より利用頻度が高い。

インスタグラムへのアクセス頻度について

□ 調査概要

・調査対象:「MyVoice」のアンケートモニター
・調査方法:インターネット調査(ネットリサーチ)
・調査時期:2017年5月1日~5月5日
・回答者数:1万955人
・設問数:7~9問
・属性情報:32項目

口コミとかで
いろいろな意見の書込みがあるけど
実際は【効果なし】なの?

わたしが気になっているのはコレ・・・

何でも個人差はあるから仕方ないんですけどね

ほとんど全員が【効果あり】みたいに書かれてるのが
ちょっと怪しい気もすんですけど・・・

でもちょっと期待もしてしまいますよね

やってみようか・・・悩むな~