(ひと)深谷かほるさん ツイッター発の漫画で手塚治虫文化賞短編賞を受けた(朝日新聞デジタル)

小さな葉っぱにかきつけた手紙。自分の漫画をそんな風に表現する。「その手紙がこんなにたくさんの人へ届いていたなんて。本当におかげさまです」
 猫の遠藤平蔵というキャラクターが、人びとの心の涙をかぎつけて、その悩みにそっと寄り添う漫画「夜廻(まわ)り猫」。2015年10月からツイッターで発表し始めたら、人気がじわじわ広まり、単行本を出版。今年の第21回手塚治虫文化賞短編賞を受けた。
 数年前に何となく描いた、夜にたたずむ猫の絵。気胸で入院した当時高校生の長男から「あの猫の漫画が読みたい」とせがまれた。手元の紙に描くと「せっかくならアップしたら」と勧められた。……
本文:1,102文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です