「塩分過剰で空腹感」の研究報告、高血圧どころかメタボに(ダイヤモンド・オンライン)

塩は血圧と関係が深い。食塩摂取量を1日1グラム減らすと上の血圧が1mmHg下がる。

 たかが1mmHgだが、日本人の1日の平均食塩摂取量11グラム前後からWHO(世界保健機関)推奨の5グラムまで塩分を減らせば、血圧は6mmHgも下がる。軽症高血圧の140/90mmHgなら薬に頼らず正常値に戻せるのだ。

 しかも、塩分の悪影響は血圧にとどまらないという知見が報告された。それも有人火星探査を想定した宇宙滞在仮想研究から──。

 米ヴァンダービルド大学の研究者らは、2009~11年にかけてモスクワで行われた宇宙飛行士の滞在仮想研究に参加。宇宙飛行士4人が105日間、6人が205日間(ちょうど火星への片道分)、宇宙船環境を模した閉鎖空間で過ごし、生理的な影響を調べている。

 塩分摂取量については、6グラム、9グラム、12グラムの3パターンを試している。塩分摂取量を6グラムから12グラムに増やしたところ、「塩っ辛いものを食べると、塩分を排せつするために喉が渇き水をガブガブ飲む」という常識に反し、むしろ水分摂取量が減少したのである。これは体内で水分を保持、あるいは作り出していることを意味する。

 驚いた研究者らは、動物実験で「どうやって?」を突き止めた。どうやら高塩分食は筋肉の分解を誘導し、そのタンパク質から合成された尿素が腎臓での水分の再吸収を促進し、過剰な水分排出を抑えているらしい。

 余分な塩分を排出するためとはいえ、筋肉を分解して尿素を合成する過程は結構なエネルギーを必要とする。実際、高塩分食を与えられたマウスは餌の量が増加。人間の被験者も、他のグループより強い空腹感を訴えたそうだ。

 また筋肉を分解するステロイドホルモンは2型糖尿病や肥満、骨粗しょう症、心血管疾患の危険因子であることが知られている。研究者は「我々は塩分と高血圧の関係にのみ注目してきたが、高塩分食はメタボリック症候群も誘発するようだ」としている。

 最新の宇宙食は塩分控えめだという。地球上でぬくぬく暮らす我々も〆のラーメンを我慢する理由がまた一つ増えたわけ、です。

【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~

【イオン】中期計画に数値目標なし 見えぬGMS改革の将来像(ダイヤモンド・オンライン)

イオンが2017年度から3カ年の中期経営計画を発表した。ところが、営業収益や営業利益などの数値目標は発表されずじまい。苦戦が続く本業の立て直しと成長戦略は不透明なままだ。(「週刊ダイヤモンド」編集部 大矢博之)

 4月12日、東京都内で開催されたイオンの2016年度の決算説明会は、白け切った空気に包まれていた。

 16年度は3カ年の中期経営計画の最終年度。当初は決算発表よりも一足早く、3月にも新しい中期計画をお披露目する予定だった。ところがそれが先延ばしとなり、待たされた揚げ句に発表された中期計画には、営業収益や営業利益などといった数値目標が一切示されていなかったからだ。

 会見で数値目標がないことについて問われたイオンの岡田元也社長は、「まだ議論をしている。非常に多くの変革をしなければならず、時間をかけるべきだと思っている」と述べるにとどめた。

 営業収益8兆円以上、営業利益2800億円以上──。これが前回の中期計画で掲げていた16年度の目標だった。

 この日発表された決算では、16年度の営業収益は過去最高の8兆2101億円(前期比0.4%増)を記録し、中期計画の目標を達成。一方、営業利益は2年連続で増益となる1847億円(同4.4%増)だったが、目標を1000億円近く下回った(図(1))。

 深刻さを物語っているのは、営業利益の内訳である。

 営業収益では全体の1割にも満たない銀行などの金融事業と、イオンモールのテナント収入を主とする不動産事業が、それぞれ619億円、468億円の営業利益をたたき出し、稼ぎ頭としてけん引。

 片や、本業となる総合スーパー(GMS)事業の営業利益は、前年度から69億円減益となる24億円まで落ち込んだ。3兆円を超す営業収益があるにもかかわらず、営業利益率が0.1%にも満たないのである(図(2))。

【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~

G7の中間層が20年間全く豊かにならなかったことが世界を変えた(ダイヤモンド・オンライン)

5月11日、『週刊ダイヤモンド』主催で定期購読者向けの特別セミナーが東京・青山で行なわれた。この日のセミナー講師は、ボストン コンサルティング グループ シニア・パートナー&マネージング・ディレクターの御立尚資氏。今回、「変化の時代とその源流」をテーマに、政治、経済ともに予測不能なこの激動の世界をどう捉えていくべきかを語っていただいた。

 「こんばんは。御立です。よろしくお願いします。 

 最近、世界の政治や経済がめまぐるしく動いています。米国ではトランプ大統領が就任し、ヨーロッパもワサワサしていて、日本の周辺も落ち着かない。そんな今、我々が生きている21世紀の前半というのは、『並存の時代』なのではないかと思っています。

 『平家物語』が書かれた平安時代の最後、平家が栄華を誇っていた時代がありました。平安時代は貴族の時代でしたが、実際はそのあとやってくる武家時代が実は始まっていて、それまでずっと権力を持っていた天皇家と貴族がだんだんその役割を終えていったけれども、まだまだ権威だけはあって、でも、現実には武家の台頭を抑えることができなくなってきていた。この時代は、貴族の時代とその後に来る武家の時代が並存していた、ちょうど変わり目の時代だったのではないか、と思います。

 同じように今は、まさに変わり目、そうした併存の時代です。20世紀は工業化社会を作ってそれを資本主義で支えるというモデルで人類が豊かになってきましたし、我々も恩恵を十分に味わってきました。まだそこに我々はいるけれども、どうも、今までの工業化モデル、それを支える高度資本主義モデルのメリットとデメリットが逆転し始めているように感じます。

 ただ、これから来る時代のことは、将来のことですから全部はわかりません。でも、今現在起こっていることに“将来の兆し”があることがわかるし、“大きな変化を起こすような原動力”を感じます。私たちは、それを理解して将来を作っていくことが非常に重要です」

 その兆しの読み方について、御立氏は「エレファントカーブ」に注目して解説した。エレファントカーブとは、世界銀行のエコノミストだったミラノビック氏が発表したもので、1988年から2008年までの間に「世界で誰が豊かになったか」を示しているもの。グローバリゼーションの進んだこの約20年間に、先進国の富裕層はますます豊かになり、新興国の中間層も豊かになったが、一方で先進国の中間層の所得が最も伸び悩み、ないしは下がっていることを示したデータとして注目された。

 「エレファントカーブからわかるのは、2008年までは、リーマンショックまで先進国の富裕層は富を6割以上増やしていたこと。そして新興国の中間層、これは工業化が進んだASEANや中国で中流階層に入れるようになった人たちですが、ここがすごく豊かになっています。

 ところが、英、独、仏を中心とする西ヨーロッパとアメリカとカナダと日本、いわゆるG7の先進国の中間層は20年間、富を全然増やしていない。ここが根本的な話なのです。ここが、先ほど申し上げた”大きな変化を起こしそうな原動力”の根本です。

いろんな口コミを見てみたけど
  ・実際に体験した人の口コミは信頼できる
  ・やらずに騒いでる人の口コミは基本的に悪評を書いている
ような気がします。

違うかな?

わたしが気になっているのはコレ・・・

どれだけ簡単に効果がでるかは、
口コミからはわからないけど、

【短期間】といっても
さすがに3日間~2週間って・・・
かなり怪しい感じがするのは私だけかな

けど本当に効果が出るならやってみたい★

事実、ずーっと悩んでるわけだし
早くコンプレックス解消したいよ。

改憲の実現、優先させる首相 3分の2維持へ、ダブル選見送りを決断(朝日新聞デジタル)

(1面から続く)

 安倍晋三首相は2016年春、夏の参院選に合わせて衆院解散・総選挙を行う衆参ダブル選挙を見送り、ひとつの決断をした。
 「憲法改正の国会発議は衆参それぞれで3分の2(以上の賛成が必要)。与党だけでとることは不可能」。伊勢志摩サミットを終えたばかりの昨年6月1日の記者会見で、首相はダブル選の見送りを正式に表明する一方、憲法改正の発議についてそんな見方を示した。
 首相周辺は「夏の参院選で、与党におおさか維新の会(当時)などを加えた改憲勢力で3分の2を確保。衆院でも3分の2が維持できる残り2年半の任期内に、憲法改正を目指す」との改憲シナリオが、首相の念頭にあったと明かす。……
本文:5,664文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

首相「保守強硬の私がまとめる」 持論封印、「9条加憲」に軸足(朝日新聞デジタル)

「与党内を説得できないのに、『自民党の憲法改正草案がいい』と言っているのは護憲運動をやっているのと同じだ」。安倍晋三首相は5月中旬、都内であった会合のあいさつで訴えた。実現できない案にしがみつくのではなく、賛同を得やすい形で憲法改正をめざす姿勢を鮮明にした。
 首相は、こうも語った。「自民党で一番の保守強硬派の私が言うのだから、『それならば仕方がない』となる。何とか党内をまとめたい」。悲願とする憲法改正への決意表明だった。
 その約2週間前。5月3日の憲法記念日にあった憲法改正を求める集会で、首相は戦争の放棄などを定めた9条1、2項は残し、別途自衛隊の存在を明記するという新たな考えを公にした。……
本文:1,730文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

ネットの評判や噂って
実際のところどうなんだろう?

正直、ノウハウに興味あるから気になります。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こんなに簡単に効果がでるんなら
すぐにでもやってみたい気がするんですよね。

評判や口コミどおりに効果あるなら
嬉しいけど・・・。

2016年度の宅配便は40億個を超える可能性。トラック宅配便取扱個数は39.5億個(ネットショップ担当者フォーラム)

宅配便の2016年度取扱個数が40億個を超えそうだ。

国土交通省が実施したトラック輸送に関する実態調査によると、2016年度のトラック輸送による宅配便の取扱個数は前年度比7.3%増の39億5689万個。

例年、取扱個数が4000万個前後で推移している航空等利用運送を合算した宅配便取扱個数は40億個を超える可能性がある。

ちょっと不安があるんだよね。

口コミで見る限りでは、
良い評判もあるし
さっそく試したいけど・・・どうなんだろうね?

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の口コミや評判って
何か安心感があって、
基本的に効果については肯定する声が多かったです。

あまり良い口コミばかりだと
胡散臭いけど・・・やってみようかな

(ひと)須黒達巳さん ハエトリグモの図鑑を出す小学校教諭(朝日新聞デジタル)

生け垣などをぴょんぴょん跳ねて、虫を捕食するハエトリグモ。国内では最大でも体長1センチ強で、八つある目のうち正面の二つがくりくりと大きい。高校時代、デジタルカメラで撮影し、「一匹ごとに模様も顔つきもこんなに違う」と驚き、魅せられた。筑波大で生物学を専攻。2年の時、沖縄の離島で初めて新種を見つけ、「ミカヅキハエトリ」と命名した。
 その活躍を知った出版社から図鑑を出そうと声をかけられ、「中途半端は嫌」と大学院修了後、フリーターに。国内全種撮影を目標に、資金をためては採集旅行に出る生活を丸2年続けた。災害が起きると心配で、その土地の「クモの顔」が浮かぶようになった。……
本文:1,108文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

こういうときはひとまず、
本当に実践した体験者の
口コミを参考にしたいですよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

【賛否両論】意見がいろいろあるのも分かるけど

ちゃんと判断したいので
ネタバレやレビューを読んでると・・・

効果はもちろんだけど、
行き詰った時などメールサポート等は、
すぐに返事があってイイみたい。

サポートが【親切】って
購入者の多くが言ってるみたいだね。

慢性的人手不足の清掃会社が、なぜ「働きたい企業」に大化けしたか?(ダイヤモンド・オンライン)

戦略の要諦は、差別化である。差別化とは、ライバルとの違いを出すことではなく、“圧倒的にズバ抜けて”、“顧客に一目置かれること”である。シリコンバレーでなくとも、そんな例はたくさんある。人手不足の清掃業界が大化け! さびれた町が駐車場で復活! 銀行なのに顧客に愛される! 米有名ビジネス誌の凄腕エディターが取材しまくって見つけたユニークな事例の一部を、『圧倒的な強さを築く オンリーワン差別化戦略』から無料公開する。

● 北欧発の型破りな清掃会社、 SOLクリーニングサービス

 『ファストカンパニー』誌の創刊まもない頃、ヨーロッパのとある起業家に出会った。リーサ・ヨロネンは魅力に乏しく儲からない業界で立ち上げた事業を、20年以上かけて、賞を受賞するほどの有名企業に育てあげた。ヘルシンキに本社を置き、いわゆる「汚れ仕事」、オフィス、病院、アパートなどのクリーニングを行っている。現在は母国フィンランドのみならず、北欧(スウェーデン、ラトビア、エストニア)やロシアにも進出している。

 太陽(sun)の温かさが連想されるようにと名づけられた「SOLクリーニングサービス」は1990年代はじめに発足した。リーサの父は150年続く「リンドストローム」の経営者で、当時35歳だった娘をCEOに任命した。しかし、現場の従業員に意思決定を委ねるというリーサの斬新なアイデアは、父親のトップダウンのアプローチとは相容れなかった。父親と対立するよりはと、彼女は社内で最も魅力のない部門での理念の実現を目指した。そして瞬く間に業界を一新したのだ。

 リーサの考え方は、ヘルシンキ大学で博士論文をまとめたときに芽生えたものだ。シンプルでありながら奥深い。従業員の入れ替わりが激しく、薄利で魅力に乏しい業界にいるからといって、迎合する必要はない。従業員、さらには顧客に対する新たな「価値提案」に基づいて、従来とは違うやり方で清掃業を営み、自社と従業員の地位を高めることもできるはずだ。

 「私たちが目指すのは、清掃員の働き方を変えることです。手と同じくらい頭を使わせます」。事業が軌道に乗り始めた頃、リーサは『ファストカンパニー』誌のインタビューでそう答えた。究極の目標は「ルーティンに慣れてしまう前に、ルーティンから脱却すること」だ。

 SOLはルーティンとは無縁に見える。ヘルシンキ中心部の本社は「SOLシティ」と呼ばれ、活気に満ちている。壁は赤、白、黄色に塗られ、会議スペースは独特の雰囲気を持つ。建物も社風も、快活で前向きな個性のあらわれだ。木曜のランチタイムには、従業員と居合わせた来客全員に温かいスープが無料で振る舞われる。厳しい冬にはオフィスが暖を取る避難所に変わる。

 実のところ、SOLが抜きん出ているのは、型破りなスタイルゆえではない。清掃業界で働きたいと夢見る者は少ないだろう。それでもリーサたちは、従業員にチャンスを与えれば、成長、創造、拡大の可能性は豊富にあると考え、仕事の本質を見直すことで急成長企業を築いた。現場に意思決定を委ね、各地のオフィスやチームによる独自の目標設定や達成を認め、現場の従業員に予算計画、従業員の採用、顧客との交渉さえ任せたのだ。「人生は厳しいものであり、仕事も同じです。けれどもサービス業に携わるのであれば、自分自身が幸せでないのに、顧客を幸せにできるでしょうか」とリーサは語る。

 SOLは初期の改革の1つとして、オフィスや病院での清掃を夜間ではなく、昼間に行うようにした。清掃業界ではほとんどの作業が顧客の退社後、目立たないように行われる。だが、顧客がオフィスにいる時間に清掃作業を行えば、丁寧で迅速な仕事ぶりが認められ、顧客はもっと仕事を頼みたくなるに違いないと考えたのだ。
各地のオフィスや現場のチームには売り込みや契約の権限が与えられており、清掃員は床を磨くだけでなく、営業活動もできた。また、作業中は明るい黄色と赤のつなぎを着用させた。仕事に対する誇りと責任感が芽生え、顧客の目にも留まるからだ。

 その結果、最初は病室の清掃やシーツ交換を依頼した病院も、やがて看護師の補助、患者の検査室への案内、清掃中に患者に異変があれば医師に知らせる役割まで任せるようになった。食料品店では床を磨くだけではなく、在庫確認や値札の書き換えも担当する。ホッケーのナショナルチームの拠点であるハートウォール競技場では、清掃員のみならず、案内所のスタッフ、警備員、監視員として活躍していた。SOLは、競合ができないこと、やろうとしないことをやる意欲と手段を持っている。

 私がSOLを知った頃は従業員2000名足らず、収益は3500万ドル程度だった。20年後、事業の大半を率いるリーサの息子、ユハペッカ・ヨロネンに話を聞いたとき、その成長ぶりと多岐にわたる事業展開に驚かずにはいられなかった。2015年末の時点では、SOLは1万1000人以上(フィンランド国外では3500人)の従業員を抱えていた。初期に比べて収益は10倍、セキュリティサービスや人材派遣業などの新規事業にも進出している。
現在リーサは常勤ではないものの、数々の賞を受賞し、ビジネススクールの教授から注目されている。SOLの成果からヒントを得たいと願う最先端業界のCEOの手本となり、北欧ビジネス界の指導者的存在として活躍中だ。リーサは初期の段階でこう語っていた。
「従業員は野心的で現実にとらわれることがありません。会社が設定するよりも高いゴール、実現できそうもないゴールを掲げます。そして、自分たちで掲げたからこそ、彼らはそれを達成しようとするのです」。