未分類

(政治断簡)「自由」を壊す技法とは 編集委員・松下秀雄(朝日新聞デジタル)

ひとたび恐怖や不安に覆われると、「自由な社会」は簡単に壊れるものなのか。
 9・11同時多発テロ後の米国の経験を振り返り、そんなことを考えた。
 事件の翌月、捜査機関の権限を拡大する愛国者法が成立。これを根拠に、米国家安全保障局(NSA)は市民の通信記録などを収集、大規模な監視活動を始める。
 活動を内部告発したのが、エドワード・スノーデン氏。経過を記録したドキュメンタリーや、氏の著作に触れ、市民の「丸裸」ぶりにぞっとした。誰と会ったか。何を買ったか。どのウェブサイトを見たか。全行動を把握できるというのである。……
本文:2,249文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

ちょっと不安があるんだよね。

口コミで見る限りでは、
良い評判もあるし
さっそく試したいけど・・・どうなんだろうね?

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の口コミや評判って
何か安心感があって、
基本的に効果については肯定する声が多かったです。

あまり良い口コミばかりだと
胡散臭いけど・・・やってみようかな

関連記事

  1. クリアイズム有限会社のプロフェッショナル版 CBS198の方法を…
  2. 妊活を始めたら浮気願望がムクムク!30代それぞれの悩み【目指せ!…
  3. OrionFXが運用するコピートレードって効果なし?暴露ブログ
  4. 吉本興業・大崎洋社長に聞く、デジタル化で変わるお笑いの未来(ダイ…
  5. 広告URL一括管理ツール【VIPER】の噂と実践者の口コミ
  6. 自転車に乗る子供に「ヘルメットをかぶせない」親は7割超(ITme…
  7. RODRIGUEZ ROMEO JUNIORのウェブスキームセミ…
  8. 榊淳司の資産価値レポート034「豊島区・総集編」全8物件を全て解…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。