「IoT革命」はいま、どんな局面にあるのか?(ダイヤモンド・オンライン)

あらゆるモノがインターネットで繋がるIoT(Internet of Things)。その仕組みを活用すれば、大きなチャンスが生まれるという。多くの日本企業が期待を寄せ、取り組みを進めるIoT化は、現在どのような局面にあるのか。チャンスを生かすためにはどうすればいいのか。IoTの先駆けとなる「TRON(トロン)」プロジェクトを主導し、「いつでも、どこでも、誰もが情報を扱えるユビキタス社会」実現のための研究を推進する坂村健・東洋大学情報連携学部長に、IoTの「いま」を聞いた。(聞き手/ダイヤモンド・オンライン 小尾拓也、松野友美)

● 全く新しい技術ではない? 「IoT」とはいったい何か

 ――坂村教授は、30年来、「TRON(トロン)」プロジェクト(リアルタイムOS策定を中心としたコンピュータ・アーキテクチャ構築プロジェクト)を主導してきました。あらゆるモノをインターネットで繋ぎ、最適なコントロールを行うという発想は、その後「ユビキタスネットワーク」、そして現在の「IoT」へと繋がります。いわゆるIoT的な概念は、これまでどのように発展してきたのでしょうか。

 IoT(Internet of Things)は「モノのインターネット」と呼ばれますが、単に様々な機器をネットにつなぐという意味ではありません。重要なのは「インターネットのように」会社、組織、ビル、住宅、所有者などの枠を超えてモノが繋がれる、オープンなインフラを目指すという概念です。あらゆるモノに超小型チップが付き、センサーネットワークにより状況(モノや人の位置などの空間情報、モノが何か、人が誰かなどの属性情報、温度や湿度などの総体的状況情報など)を高精度で把握でき、それを「インターネットのように」オープンにやり取りできるようになって、初めて全体最適なコントロールを行えるようになります。

 機器の中にマイクロコンピュータを入れて、それらをネットでつなげるという発想自体は、すでに30年くらい前からありました。当時はマイコンの能力が足りず、通信技術も発達していなかった。しかし、機械の制御が主目的だったマイコンの性能は、その後大きく向上し、昔の大型コンピュータを上回るようになりました。一方であらゆるモノがインターネットによって速い速度で繋がるようにもなりました。そうした下地ができてきたため、IoT的な概念が本格的に広まり始めたのです。

 そもそもTRON、ユビキタス、IoTは全く同じもので、私が1980年代半ばから携わっていたTRONプロジェクトは、IoTの先駆けです。2000年代からユビキタスという言葉が流行ったのは、1990年以降、インターネットが米国の軍事用途から産業用途へとオープン化されたのと、機器に組み込まれる部品が小型化・低価格される兆しが出て来たためです。

 ユビキタスの語源は「神様はどこにでもいる」というキリスト教由来のラテン語で、そこから「コンピュータがどこにでもある」という意味になり、2010年代に入ると実用段階に近づいてきました。そうしたときに「ユビキタスという言葉はわかりにくい」ということで、より端的な「IoT」という呼び方へ変わったのです。

公式ページに書かれている
『お客様の声』とか『モニターさんの成功例』とかが
あまりにもウマくいきすぎっ!!!って印象

わたしが気になっているのはコレ・・・

実際の効果が気になるのは事実なんですけど

やっぱり、ネットの商品って
たまに詐欺商品ありそうだし・・・
騙されたくないでしょ。

守山サーベイ 山岡 隆さんは実績ある人みたいだし
大丈夫なのかな。

どうしよう~
チャレンジしてみようかな。

資生堂、「草花木果」の化粧品通販子会社キナリをスクロールに売却へ(ネットショップ担当者フォーラム)

資生堂は5月31日、化粧品ブランド「草花木果」の通販で知られる子会社キナリを7月3日付でスクロールに売却すると発表した。売却額は非公開。

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。

AIで変わる採用選考 「活躍予測」もとにPC面談(朝日新聞デジタル)

来年春に卒業する、大学生向けの採用選考が今月から本格的に始まった。人工知能(AI)の活用が広まるなか、採用で使う企業も増えている。採用にかかる時間や人手を減らすことができ、学生にとっても交通費や宿泊費の負担を抑えられる利点がある。ただ、「最後は人が判断した方がいい」という声も根強い。

 「就職活動はいつ始めましたか?」
 「去年の12月から自己分析を始め、2月ごろからOB訪問をしました」
 5月下旬、都内のオフィスの一室に人事担当者と大学生の声が響いた。ただ、部屋に学生の姿はない。会話は、パソコンを通じて行われていた。……
本文:3,552文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

公式ページに書かれている
『お客様の声』とか『モニターさんの成功例』とかが
あまりにもウマくいきすぎっ!!!って印象

わたしが気になっているのはコレ・・・

実際の効果が気になるのは事実なんですけど

やっぱり、ネットの商品って
たまに詐欺商品ありそうだし・・・
騙されたくないでしょ。

株式会社オンスピードさんは実績ある人みたいだし
大丈夫なのかな。

どうしよう~
チャレンジしてみようかな。

公取委のアマゾンに対する調査終了、アマゾンジャパンは「最安値縛り」を廃止(ネットショップ担当者フォーラム)

公正取引委員会は6月1日、独占禁止法違反の疑いで実施していたアマゾンジャパンに対する調査を終了すると発表した。アマゾンジャパンが自発的に改善を申し出たため。

アマゾンジャパンが「Amazonマーケットプレイス」の出品者に対して価格設定や品ぞろえなどを強制していたなどとして、独占禁止法第19条違反の疑いで調査を行っていた。

公取委によると、アマゾンジャパンは「Amazonマーケットプレイス」の出品者に対して、商品の販売価格を他の販売サイトと比べて同等価格もしくは安く設定することや、品ぞろえを他のECモールなどより多くすることなどを要求。

こうした販売価格や品ぞろえに関する契約は、出品者の価格決定の自由を奪うほか、ECモール運営事業者の競争環境も歪める懸念があったと公取委は指摘している。

こうした指摘を受け、アマゾンジャパンは次のような改善措置を自発的に申し出たという。

1. 出品者に最安値の設定や品揃えの拡充などを求める条件を削除する
2. 同様の契約を今後も定めない
3. 上記の取り組みを出品者にすみやかに周知する
4. 3.の措置を講じた日から3年間、実施状況を毎年公取委に書面で報告する

公取委はアマゾンジャパンが1~3の措置を講じたことを確認し、独占禁止法違反の疑いは解消したと判断した。

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。

通販・ECの送料支払いに「抵抗感がある」は8割(ネットショップ担当者フォーラム)

企業のサプライチェーン基盤の構築支援などを手がけているマンハッタン・アソシエイツがこのほど実施した実店舗・オンラインショッピングに関する消費者意識調査によると、通販やECを利用する消費者の約8割が「送料の支払いに抵抗を感じる」と回答した。

【悩み】が本当に解決できるなら
やっぱり気になるし、やってみたいなあ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

こういう時は
体験ブログの口コミを参考にするのがベスト!ですよね

あまり悪い評判もないみたい
効果がでている人もいそうだから
やってみてもいいかもしれないな~

ベガコーポレーションの越境ECモール、複数店舗の商品をまとめて決済・配送が可能に(ネットショップ担当者フォーラム)

ベガコーポレーションは6月1日、越境ECプラットフォーム「DOKODEMO(ドコデモ)」の配送と決済に関する新たなサービスを開始した。

海外ユーザーが複数のショップで商品を買った場合、すべての商品を一括で決済し、荷物をまとめて配送できるようにした。従来はショップごとに配送や決済を行う必要があった。

河野 巧の繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科 体験談とネタバレがヤバいかも

河野 巧さんの
繁盛店一人勝ち 飲食経営大百科がネタバレされてる。

体験談とかもかなりあって、けっこうヤバイ感じですね。
これは、多くの人が実践しいるということかな。

ただこれだけ【良い効果】が出ている!なんて聞くと、
逆に【怪しく】感じてきてインチキとか疑っちゃうな

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果が出る人もいるし、出ない人も当然いるわけですよね。

全額返金保証もあるのかな?!

とりあえず今回やってみようかな・・・ムムム

信じて、本当に大丈夫かな?

(社説)いじめ自殺―教委不信、深刻な危機(朝日新聞デジタル)

学校や教育行政への信頼が、深刻な危機に直面している。
 いじめとの関連が疑われる生徒の自殺について、教育委員会や教委が設けた第三者機関の調査に遺族が不信を抱き、再調査やメンバー交代などを求める。そんな例が仙台、青森、茨城・取手などで相次いでいる。
 現にあるルールへの理解を欠き、事実に向きあおうとしない教委の態度が浮かびあがる。
 大津市で起きたいじめ自殺の教訓から、4年前にいじめ防止対策推進法が生まれた。
 法律は、いじめの「疑い」があれば「重大事態」ととらえ、特別な組織を設けて調査をし、被害者に情報提供するよう定めている。……
本文:1,871文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

インテルの事業計画書はたった◯◯文字!?(ダイヤモンド・オンライン)

「考えすぎていないか?」
誰にも言えないアイデアを胸に抱えて悩む人たちと、これまでに4万人以上面談した「非営利ベンチャーキャピタル」エンデバーのCEOリンダ・ロッテンバーグによると、「最初の一歩」で悩む人に共通しているのは、すべてのこの「考えすぎ」が原因だという。そして、アイデアを実現するためには入念な計画書が必要、というMBAふうのアドバイスに、疑問を投げかける。
シリコンバレーから中東、アフリカ、そしてブラジルのスラム街まで、世界中で600社、1000人超の起業家を支援してきた彼女だからこそ言える、「本物のアドバイス」を、シェリル・サンドバーグも絶賛する著書『THINK WILD あなたの成功を阻むすべての難問を解決する』からご紹介しよう。

● 計画を終わりにして、行動を起こそう

 2013年、わたしは朝の情報番組『トゥデイ』の、「アントレプレナーを支援する」というコーナーにゲスト出演した。もうひとりのゲストは、MBAを取得したインターネット起業家である。その女性は新規事業に乗り出すにあたって、75ページもの事業計画書を書き上げたという。そして、視聴者にも同じように入念な計画書をつくるようにアドバイスした。わたしは、危うく椅子から転げ落ちるところだった。わたしはこう言った。「それには、とても同意できませんね」

 いや、待ってほしい! とあなたは言うだろう。アイデアを実行するために段階的な計画書が必要なことは、誰でも知っている。クレイジーなアイデアが浮かんだら、計画書をつくったほうが、もっともらしく見えることは、誰にも異論がないはずだ。数字を書き込み、業界用語をちりばめ、予測を立ててグラフも掲載する。パワーポイントを使って、上司や友人や恋人が思わず唸るような資料をこしらえる。誰でもそうやって事業計画を立てるべきだ。

 だが、それについてわたしからひと言。その“誰でも”は間違っている。この段階で重要なのは計画を練ることではなく、行動を起こすことだからだ。

● 考えすぎていないか? ――南アフリカの連続起業家からの忠告

 ヴィニー・リンガムは、アパルトヘイト(人種差別・隔離)政策を取っていた、南アフリカ共和国の東ケープ州で生まれ育った。インド人居住地で少年時代を過ごし、映画『ウォール街』を観て、「大きくなったら自分も成功するんだ」と誓った。リンガムはいつしか、起業するという夢を抱くようになる。小学生のときにはステッカーを売り、大学時代にはロックバンドのマネジメントも行った。2003年、最初に勤めた会社を辞めて自宅も売り、婚約者とふたりの友人を説得して、4人でオンラインマーケティング会社を創業した。こうして、子どもの頃から夢見たアントレプレナーの人生を手に入れたのである。

 だが、リンガムは満足していなかった。新しい問題を見つけたからである。小さな企業のほとんどは資金不足か、ウェブサイトをこしらえるノウハウがない。そこで彼は、オンラインマーケティング会社を人に任せて、新しく「ヨラ」を創業した。ウェブサイトビルダーと無料レンタルサーバーを提供する会社である。するとすぐに、グーグルが進める大きなプロジェクトのために声がかかり、ヒューレット・パッカードからは、自社が販売するコンピュータにヨラの製品をプリインストールしたいと持ちかけられた。

 2009年、『ビジネスウィーク』誌は、ヨラを「知っておくべきスタートアップ50社」に選んだ。数年後、リンガムはまたも新しいスタートアップを立ち上げる。グーグル・ベンチャーズ(グーグルの独立投資部門)の支援を受けた、「Gyft(ギフト)」という、モバイルギフトのアプリを提供する会社である。

 次々に事業を立ち上げるリンガムは、すぐにシリコンバレーで存在感を放ちはじめた。やがて彼は、アントレプレナーに共通する特徴に気づいたという。考えすぎ、計画と分析に時間をかけすぎることである。わたしが司会を務める討論会に、リンガムなどのアントレプレナーを招いたときのことだ。「みなさんは考えすぎなんです」。リンガムが金融関係の聴衆に話しかける。「アイデアについて話しあい、理論を勉強し、事業計画を書くために時間をかけすぎて、実際に試す時間が足りないのです」。そして、その弊害を指摘した。「紙の上で完璧な事業計画を仕上げたときには、私みたいな人間が、とっくにあちこちの顧客と契約書にサインを済ませてしまっていますからね」

 そう考えるのはリンガムだけではない。エンデバーの1000人近いアントレプレナーを対象に調査を行ったところ、事業を立ち上げた際、彼らの3分の2が正式な事業計画を書いていなかった。80%以上が半年以内に最初の製品を世に送り出し、約半数がビジネスモデルを最低でも1度は変更した。

どこまで信じればいいかが難しいな・・・

やってもいないのに
レビューしてる人もいるだろうしね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果についてのレビューは、悪評はないみたい。

ほとんどが【怪しい】と考えてることが
前提の推測ばかり。

ただネットの商品って
詐欺が多いって聞くし
購入して、始めてみたいけど・・・

本当に悩むなー。