(社説)いじめ自殺―教委不信、深刻な危機(朝日新聞デジタル)

学校や教育行政への信頼が、深刻な危機に直面している。
 いじめとの関連が疑われる生徒の自殺について、教育委員会や教委が設けた第三者機関の調査に遺族が不信を抱き、再調査やメンバー交代などを求める。そんな例が仙台、青森、茨城・取手などで相次いでいる。
 現にあるルールへの理解を欠き、事実に向きあおうとしない教委の態度が浮かびあがる。
 大津市で起きたいじめ自殺の教訓から、4年前にいじめ防止対策推進法が生まれた。
 法律は、いじめの「疑い」があれば「重大事態」ととらえ、特別な組織を設けて調査をし、被害者に情報提供するよう定めている。……
本文:1,871文字

この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です