「機能性表示食品」受理企業の戦略 森永乳業(健康産業新聞)

出典元:健康産業新聞

森永乳業では、機能性表示食品対応の素材として、『ビフィズス菌BB536』を提案する。今年、さらに採用数が増加し、大手メーカーで立て続けに機能性表示食品が受理されている。同社では、原料の提案から論文、レビューの提供まで機能性表示食品での届出に関するノウハウを駆使し、顧客へのフォローも進めており、商品設計に対するアドバイスも行っている。機能性表示食品制度の見直しにより、一部糖質、糖類が機能性関与成分として認められることが決まり、ミルクオリゴ糖「ラクチュロース」の受理も期待される。エビデンスデータの蓄積などにより「腸内フローラ」ブームをけん引する同社の戦略について、食品素材事業部マーケティング統括部の井上祐美氏に聞いた。

―― 機能性表示食品の受理状況は?

現在『ビフィズス菌BB536』を提案しています。当社の最終製品としては、サプリメント、乳飲料などを上市しており、パッケージに「腸内環境を良好にし、腸の調子を整える」と表示しています。

昨年は、インターネットによる書類の提出など、書類作成に関して変更になったこともあり、全体的に受理されにくい状況でしたが、今年健康コーポレーション、FANCLの商品が立て続けに受理され、さらに商品数が増加しました。自社製品も含め、合計で9品が受理されています。現在原料供給メーカーとして、論文、レビューの提供を行い、受理までのフォローを行っています。

―― 売れ行きは?

研究レビューを使用したいという安定した引き合いがあります。機能性表示食品に限らず、『ビフィズス菌BB536』は好調に推移しています。腸内フローラの健康機能の認知度が向上しており、メーカーだけでなく、消費者の興味も相まって、引き合いは増加傾向にあります。

―― 届出で苦労した点は?

消費者庁からは、届出資料が同様のものであっても、様々な指摘を受けることがあり、対応に苦労しました。現在では、原料供給メーカーとして有効量20億個を商品内に含む商品設計のアドバイスなども行い、受理を目指す企業のサポートを進めています。

―― 今後の展開について

腸内フローラの健康機能が注目され、“ビフィズス菌”への興味が高まっていると感じます。機能性をもつ素材の選択肢は増加傾向にあり、今後自社で持つ原料で機能性表示食品への対応を進めていきたいと考えています。特に機能性表示食品の文言の工夫をより一層検討していきたいと考えています。

ちょっと不安があるんだよね。

口コミで見る限りでは、良い評判もあるし
さっそく試したいけど・・・どうなんだろうね?

わたしが気になっているのはやっぱりコレかな・・・

実践者の口コミや評判って何か安心感があって、
基本的に効果については肯定する声が多かったです。

あまり良い口コミばかりだと
胡散臭いけど・・・やってみようかな