16年度の景表法違反、水素水や豊胸サプリ等に措置命令(健康産業速報)

出典元:健康産業速報

ニュースによりますと、消費者庁がまとめた2016年度の景品表示法に基づく法的措置件数は、

国による措置命令が27件、課徴金納付命令が1件、都道府県による措置命令が1件だった。

国による措置命令27件のうち、健康食品関連は7件。

水素水やプエラリアなどの健康食品の広告で不適正な表示が行われていたとしている。

 

日頃より弊社をご利用いただき誠にありがとうございます。
まことに勝手ながら、以下の期間につきまして商品の発送をお休みさせていただきます。
*** GW休業 ***

2017年5月3日(水)~2017年5月7日(日)

5月2日(火)午前中(お支払い方法:銀行振込を除く)までに

ご注文をいただいた 分に関しましては当日発送扱いとなります。

上記期間中にいただいたご注文につきましては、 5月8日(月)から順次発送となります。

 

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

日健栄協、健康食品の表示で相談事業 6月に試行開始(健康産業速報)

出典元:健康産業速報

健康食品の業界団体である日本健康・栄養食品協会(日健栄協)は17日、

健康食品の表示・広告に関する事業者向け相談を行うことを発表した。

株式会社ハイパーコンサルティング・ジャパンの感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ。

体験談とネタバレがヤバいかも・・・

今までにコンサルタントとして人間関係の悩み、仕事の悩み、恋愛や結婚の悩み、
それに育児や夫婦間の問題、嫁姑問題、それに子どもの不登校や病気の悩みなど
カウンセリングを通して多くのケースに関わってきました。

その中でこれらの様々な問題が、自分の想いを表現できていないこと、
その表現できない最大の原因が自分の感情を感じられていないことから来ていることが
多くの臨床結果からわかって来ました。

どうして自分の感情が感じられていないのか。

それは思考と感情がわからなくなってしまっていて、常識やルールなどの思考を
優先させてしまう為に、本来、感情を伝えるためのコミュニケーションが
取れなくなってしまっていて誤解が起こること。
そしてその誤解が嫌で余計に頭で考えて自分の感情を無視してしまうこと。
そのことから人間関係で我慢することばかりが増えてしまいストレスを溜め、
人間関係で疲れ、その疲れやイライラをまた押し殺したまま思考によって
良い人をしてしまう。
ここから苦しさ、生きづらさが発生していたのです。もちろん自分を表現しないの
ですから誰も自分のことなんて、わかってくれません。
みんなはうまく行くのに自分だけうまく行かないのです。
とのこと。
株式会社ハイパーコンサルティング・ジャパンさんの
感じるだけで自由になれる幸せの12ステップがネタバレされてる。

 

体験談とかもかなりあって、けっこうヤバイ感じですね。
これは、多くの人が実践しいるということかな。

ただこれだけ【良い効果】が出ている!なんて聞くと、
逆に【怪しく】感じてきてインチキとか疑っちゃうな

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果が出る人もいるし、出ない人も当然いるわけですよね。

全額返金保証もあるのかな?!

とりあえず今回やってみようかな・・・ムムム

信じて、本当に大丈夫かな?

機能性表示食品、「加工食品」の発売ラッシュ(健康産業新聞)

出典元:健康産業新聞

サプリメントを除く“加工食品”の機能性表示食品が発売ラッシュとなっている。例年、新商品の発売が相次ぐ3月、今年は健康食品や特保のほか、15社ほどが機能性表示食品を上市。うち12社が一般加工食品の機能性表示食品を発売した。牛丼の具、カップ麺など生活に身近な食品に機能性表示が行われるようになっている。

4月11日時点での機能性表示食品の受理総数は834品。うち56%が清涼飲料水や菓子などの一般加工食品となっている。トマトジュースやヨーグルト、清涼飲料水などで成功事例も出始めた。新規参入も相次いでおり、“日本初”をうたう商品も。今年3月はバラエティ豊かな加工食品の機能性表示食品が多数発売された。

吉野家は3月6日、外食チェーン初の機能性表示食品「サラシア入り牛丼の具」を発売。サラシアを配合した血糖値対応として通販で展開する。同社では店舗で提供する食品でも、豚汁に森永乳業のシールド乳酸菌を配合してリニューアルするなど、健康価値のあるメニューを提案している。機能性表示食品の投入で「一歩踏み込んだ形で健康価値を提供する」と話す。

エースコックは3月20日、カップめん初の機能性表示食品「かるしお認定 だしの旨みで減塩」シリーズ3品をリニューアル発売した。GABAを配合した血圧対応。同社ではスープ春雨などヘルシー・低カロリーの商品開発を行ってきた経緯があり、「健活コーナー」の提案も精力的に推進。「40~50代の、カップめんを食べたいけど血圧が気になるといった方に新たな価値を提案する」としている。機能性表示食品としてのリニューアルにより、前年対比で150%の販売を目指すという。

アサヒグループ食品は3月1日、味噌汁初の機能性表示食品「やさしいおみそ汁」5種類を発売。ラクトトリペプチドを配合、血圧対応の表示を行っている。容量にも配慮。同社によると、こうしたフリーズドライ味噌汁は160mLが一般的だが、機能性関与成分を規定量摂取するために飲みきりサイズの120mLで設計した。160mLの場合、塩分を気にする人が飲み残す可能性があるからという。かつパッケージには「食塩相当量1.0g未満」と表示。発売から1ヵ月ほどだが、「販売計画を2割強上回っている」と手ごたえを感じている。

ダイドードリンコは3月17日、ファンケルヘルスサイエンスと共同開発した「大人のカロリミット はとむぎブレンド茶」の販売本数が発売から約4ヵ月で1,000万本を突破したと発表。3月27日からは自動販売機でのテスト販売を開始した。入れ替わりの激しい飲料市場で、「長期間にわたって育成していく」と話している。

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。